緊急事態宣言に伴う受験者への緊急対策 【埼玉・千葉・神奈川】完全予約制 個別相談会

社会情勢により、来校したくてもできない入学検討者からの相談が増えています。


そこで本学では一生を左右する大切な進路相談の機会をできるだけ確保できるように、入学相談室の担当者が事前のPCR検査を受けるなど万全の対策のもと、あなたの街で個別相談を受付ける機会を設けました。

この機会に保護者との参加も推奨します。

 

・最終受付中のAO入試対策について
・年間最大166万円のサポート、修学支援制度について
・1人暮らしのための学生寮、マンションサポートシステムについて
・大学と同種の学校の違いについて
・国家試験対策や就職実績について

など、この機会に知りたいことを解決してください。

 

≪個別相談会スケジュール≫
●埼玉県(川越/大宮)
「川越プリンスホテル」
9/19(日) 11:00/11:40/12:20

↑ガイダンス予約はコチラ:https://www.iko.ac.jp/event/32789/1?school=SI
「パレスホテル大宮」
9/19(日) 14:00/14:40/15:20/16:00

↑ガイダンス予約はコチラ:https://www.iko.ac.jp/event/32789/2?school=SI

 

●千葉県(海浜幕張/柏)
「ホテルニューオータニ幕張」
9/20(月・祝) 11:30/12:10/12:50

↑ガイダンス予約はコチラ:https://www.iko.ac.jp/event/32789/3?school=SI
「ザ・クレストホテル柏」
9/20(月・祝) 14:40/15:20/16:00

↑ガイダンス予約はコチラ:https://www.iko.ac.jp/event/32789/4?school=SI

 

●神奈川県(海老名/横浜)
「リンツショコラブティック&カフェビナガーデンズ海老名店」
9/23(木・祝) 10:00/10:40/11:20

↑ガイダンス予約はコチラ:https://www.iko.ac.jp/event/32789/5?school=SI

「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」
9/23(木・祝) 13:30/14:10/14:50/15:30/16:10

↑ガイダンス予約はコチラ:https://www.iko.ac.jp/event/32789/6?school=SI

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

夏の風物詩(介護福祉学科)

夏の風物詩 “縁日”。

お祭りの音を聞くだけで、なんだかワクワクしますね♪

介護福祉学科では、利用者の“生きる力を引出す”関わりとして、季節の行事を授業に取り入れています
学生たちも楽しみながら介護福祉士としてのかかわりについて学びました。

 

   

※撮影時のみマスクを外しております。

 

ぜひ、オープンキャンパスで介護福祉士の職業体験をしてみてください。

 

お待ちしております!!

 

■9/26(日)オープンキャンパスの予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

■介護福祉学科(2年制 昼間部)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wa

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

東京2020パラリンピック 

8/24東京パラリンピックが開催となりました。

パラリンピックは国際パラリンピック委員会が主催する身体障害者を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会です。4年に1度オリンピック競技大会の終了直後に同じ場所で開催されているのは皆さんご存知かと思います。

もうひとつの(Parallel)+オリンピック(Olympic)という意味で「パラリンピック」という公式名称も定められました。

パラリンピックの起源とされているのは1948年ロンドンオリンピック開会式と同日に、イギリスのストークマンデビル病院で行われたストークマンデビル競技大会とされているそうです。

これは戦争で負傷した兵士たちのリハビリテーションとして「手術よりスポーツを」の理念で始められたものだそうです。

大会の象徴であるマークは人間の最も大切な3の構成要素「心、肉体、魂」をの三色で表しているそうです。

開催当初は福祉的側面で捉えられることが多かったようですが、現在は障害者アスリートという言葉も使われるようになり競技スポーツとしての側面がクローズアップされてきているようです。

選手が常用する医薬品に禁止物質が含まれている場合、薬を変更するなど難しい現状もあるようです。また、スポーツ用機具には保険が適用されないなど、非常にコストがかかり個人的・国家的経済問題も複雑に絡み出場を諦める選手もいるようです。

報奨金もオリンピックと差があるなどの問題があるようです。

パラリンピックに出場するには国際パラリンピック委員会の定める厳しい選考基準をクリアしなければならないようです。回を重ねるごとに大会レベルが高くなり、大会記録・世界記録も更新されているそうです。

障害者アスリートとしてスポーツをされている方々の努力と勇気は計り知れないものです。

今全力で頑張っている障害者アスリート全員の方々を応援したいと思います。

障害者アスリートがより整った環境で練習ができ、発揮する場ができるようなることを願っております。

高度専門士看護学科 乾

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp