東京都立中部総合精神保健福祉センターの見学

過日、精神保健福祉学科の校外学習の一環として、

東京都立中部総合精神保健福祉センターの見学に行ってきました。

 

学生もソーシャルディスタンスや感染防止対策として

演習で行うグループワークなどに制限を受けたり、

半年後に迫る国家試験や就職活動など

多くのストレスのかかる時期にあって、

今回の校外学習は授業で学んだ知識を確認する場としてだけではなく、

気分転換やストレス解消にも繋がったのではないかと、

参加した学生の表情を見ていて感じると共に、

実施できたことを本当にうれしく思いました。

 

精神保健福祉センターについては、

精神保健福祉士が活躍する重要な機関でもあり、

多くの科目の中で取り扱われています。

センターの機能や役割について教科書や教員の解説を聞く中で

一定の理解はできていたと思いますが、

実際に現場に赴き、スタッフの話を聴き、自分の目で見て、

その雰囲気を肌で感じ取る。

これは、座学の授業だけでは決して味わうことのできない

貴重な機会だと考えています。

 

施設内を見学させていただいた後、質疑応答の時間も設けてありましたが、

和やかさの中にも

“精神保健福祉士になるんだ”

“精神保健福祉士になって精神障害者に対する支援に自分も関わるんだ”

そんな思いから、真剣なまなざしで多くの学生が

活発に質問を投げかけていました。

(授業の中でもこのくらい質問があるといいんですが・・・

 

我々教員も校外学習を重要な学習の機会と捉え、

学生にとって有意義な、そして知識の習得にとどまることなく、

資格取得、そして就職へと心がかきたてられるような

確たるモチベーションに繋がる、そんなより意味のある校外学習を考えています。

 

精神保健福祉学科 深須 利幸

 

 

◆精神保健福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wp

 

来校での入学相談会のほか、

オンラインでの相談会も実施しております。

 

◆オンライン相談会のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

ふらふら日記@相談援助実習について

みなさん,こんにちは!

最近は「秋」を感じられるようになりましたね

 

そんな中,社会福祉学科の学生は現在実習中

社会福祉士を目指す学生が臨む実習を相談援助実習といいますが

配属される施設が

高齢者施設,

障害児・者施設,

児童養護施設,

母子生活支援施設,

病院...

と幅広く設定されているのが特徴です。

 

実習では何をするのか気になるところですが,

私はズバリ

先輩の背中を追いかけてきてください

と話しています。

 

今,自分たちが辿っている道を踏破し,

社会福祉士として活躍している先輩が目の前にいる!

そんな環境の中で,先輩の後ろから,横から,時には向き合いながら...

社会福祉士はクライエントと,職場の人たちと,地域と,社会と

何をしているのかを観察し,気付くことから実習は始まるんだろうなと思っています。

 

 

憧れ...から始まった社会福祉士への道も中間点!

憧れだけでは語れない「社会福祉士になる自分」とは?と自問自答する学生に

顔晴れ!」と...巡回指導の別れ際にかけるひと言を私は好んで使います。

西へ東へと巡回中の社会福祉学科の有賀でした...¢(^^*)

 

>>>>>
コロナ禍でご多忙な中,実習生を受け入れてくださっている実習施設

日々,学生指導に当たってくださる実習指導者のみなさん,

実習にかかわってくださる多くの方々に,心より感謝申し上げます。

 

◆社会福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ws

 

◆入学相談、イベント参加ご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

AO入試は残り1回

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

スキルアップに向けて『学学連携』のご案内

こちらの写真は過去に掲載させていただいた「ブルーインパルスとコクーンタワー」の写真になります

 

学学連携”(がくがくれんけい)

 

あまり聞きなれない言葉ではありますが、首都医校が入っているコクーンタワーの中には

 

東京モード学園 ・ ・ ・ ファッション、ヘアメイクなど

HAL東京 ・ ・ ・ CG映像、ミュージックなど

 

このようにジャンルの異なる専門学校も入っているので、これらの学校で教えられている科目と首都医校で学んでいる知識を組み合わせ、応用力を養っていくための学びを学学連携と呼んでおります。

 

こちらは「在校生向け」の科目となっているため、学生以外の方は受講することができませんが学学連携の科目をご紹介させていただきたいと思います。

 

<東京モード学園 開講講座>

 

 

 

<HAL東京 開講講座>

 

 

 

<首都医校 開講講座>←首都医校の学生も受講できます

 

 

 

見るだけでなんだかワクワクしてきますね♪

 

このような学びができるのも首都医校ならでは!!!

 

以上、学学連携のご紹介でした。

 

※本講座は「19:00~21:00 全8回」となります。

救急救命学科 授業風景レポート(実技編)

前回は“公務員試験対策”について記載させていただきました。

https://blog.iko.ac.jp/tokyo/category/emergency

 

今回は現場を想定した実技訓練の様子をご紹介させていただきます。

 

 

広い実技室にグループ毎分かれて練習です。

 

 

学生同士で確認し合ったり

 

  

 

現場経験豊富な教員がしっかり教えてくれます。

教員との距離が近く、聞きやすい環境なのは首都医校ならでは!!

 

首都医校の体験入学では学生が行う「救命シミュレーション」をお見せします!

迫力ある内容となっておりますので本イベントにご参加いただきご覧ください。

 

■体験入学 9月27日(日) 13:00~16:00

ご予約はコチラ  https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

■救急救命学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ce

 

 

AO入試は残り2回。

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

アスレティックトレーナー学科卒業生を紹介します

アスレティックトレーナー学科で学び、

現在はフリーランスで活躍する卒業生

仲村渠 容(なかんだかり よう) さん を紹介します。

 

 

◆首都医校へ進学した理由を教えてください

高校卒業後、大学に進学したものの、

高校時代に陸上部でインターハイに出場していたこともあり、

スポーツに関わる仕事がしたいと、首都医校への進学を決めました。

 

仕事をしながらだったので、都心で通いやすく、

また設備がきれいで整っていたのも魅力的でした。

卒業後は、八王子スポーツ整形外科で勤務し、

現在はフリーランスとして働いて、パーソナルトレーナー

高校の部活でのトレーナー法人向けの健康サポートなど、

幅広くお仕事をさせていただいております。

トレーナーというと、スポーツのイメージが先行しますが、

幅広い人のためになる職業であり、それがやりがいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆アスレティックトレーナーを志すみなさんへのメッセージをお願いします

正直、資格がなくても生活ができます。

私は、「自分との約束」をして、資格やなりたい自分にチャレンジしてきました。

是非皆さんも、この先の到達したい目標をかかげて進んでみてください。

 

緊急事態宣言時は、キャンセルの連絡は後を絶たず、

はじめは真っ白になったという仲村渠さん。

しかしすぐに切り替えて、自宅で可能なトレーニング動画を撮影し、

編集まで一人で行い、YouTubeにアップし公開しています。

 

【DAKARI Fit】

https://www.youtube.com/results?search_query=dakari+fit

 

【アスレティックトレーナー学科】

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ha

 

【活躍する卒業生 CROSS i(アイ)】

https://www.iko.ac.jp/cross/report/26925

 

 

◆入学相談、イベント参加ご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

AO入試は残り2回。

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

特別講義 -看護師という生き方-

先日9月4日(金)、

高度看護専門士学科・高度看護保健学科・実践看護学科Ⅰ・Ⅱの学生を対象とした特別講義が行われました

今回の講師は、看護師であり、長年に渡り公演活動を行われている宮子あずさ先生です

今回のテーマは

「看護師という生き方 たくましい看護師に育ってほしい」

看護師として働くうえで辛いことは多々あるものの、どうすればそれを乗り越えられるかというお話です。

講演の最後には、実習に出る学生たちに対し、患者さんから学ぶものは大きいというアドバイスを頂戴しました。

臨床実習に出るまであとわずかの学生たちは、宮子先生の研究と臨床経験に基づいた貴重なお話に耳を傾け、看護師としての自覚を深めることができました。

本学ではこのように、定期的にスペシャリストをお招きして講義をして頂いています。

看護師としての理想像を早期に確立することで、国家試験へのモチベーションも高まっていきます

 

■高度専門士看護学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

■高度看護保健学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

■実践看護学科Ⅰ・Ⅱ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

 

遠方の方や来校に不安がある方には

オンラインでの相談会も実施しております。

 

■オンライン相談会のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

現在、AO入試を実施しておりますが

コロナウイルス感染拡大の影響により

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

『理想の看護師説明会』のご案内

本学では看護師を目指される方を対象に「理想の看護師説明会」を実施します。

 

現場で差がつく! 関東地方の専門学校で希少な4年制課程

集中カリキュラムで一足早く現場で活躍できる3年制課程

全国でも希少な統合カリキュラム。看護師・保健師のWライセンス制度

 

など、本学での看護師の目指し方について詳しくご説明致します。

校舎見学も実施しますので校内の雰囲気も見ることができます。

 

■実施日時
9月12日(土) 13:00~/17:00
9月24日(木) 19:00~
9月30日(水) 19:00~

 

■ご予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/10038

 

■看護師養成課程

・高度専門士看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

・高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

・実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

歯科衛生学科 ゲストスピーカー

今回お招きしたのは、歯科衛生学科2期生の黒木優美子さん。

 

卒業後マロ・クリニック東京にて歯科衛生士として

インプラント治療を中心とした業務に取り組んでおられます

先輩歯科衛生士の岡本陽子さんにもお越しいただきました。

 

今回の講義では

『現在のお仕事内容』

『国家試験に向けた勉強について』

『学生時代に勉強しておけばよかったこと』

などをお話いただきました。

 

首都医校の先輩からお話をいただくことで、

より国家試験について、自分たちの将来の仕事について

イメージできた学生も多かったようです

 

 

首都医校の歯科衛生学科では黒木さんのように

卒業後歯科医療現場で即戦力として活躍できる

歯科衛生士を育成しています

 

■歯科衛生学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/dh

 

遠方の方や来校に不安がある方には

オンラインでの相談会も実施しております。

 

■オンライン相談会のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

現在、AO入試を実施しておりますが

コロナウイルス感染拡大の影響により

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

9/5(土)テレビ朝日「MOTTO!!」に本学校長の宮下が出演します。

9/5(土)放送のテレビ朝日「MOTTO!!」で、首都医校が紹介されます。

番組では宮下校長とテレビ朝日の武内絵美アナウンサーが対談し、

救急から看護、リハビリ、福祉分野が連携する

「チーム医療教育」

各職種に特化した高度な専門知識を学べる

「専攻制教育」について語ります。

 

 

ぜひご覧ください。

——————————————-

▼番組名

テレビ朝日「MOTTO!!」

▼放送日

9/5(土)11:43~11:45

▼放送局

テレビ朝日 ※関東エリア(1都6県)

——————————————-

※番組内容・放送日時は変更になる場合があります。

 

臨床工学技士の道具

 

さて、これは何でしょうか

 

 

 

ハサミ?

 

 

 

残念ながらこれでは切ることができません。

 

 

ハサミのように鋭くなく、先は平たく少しギザギザしていますね。

 

 

 

これは鉗子(かんし)とう道具です。

 

鉗子には様々な種類があり、いろいろな用途があります。

 

 

血管を挟むものや掴んだりするものなど・・・

私たち臨床工学技士は回路を挟むために使用します。

 

 

回路?

 

透析装置や人工心肺装置は機器だけで使えるものではなく、回路(チューブ)とセットで使用します。

準備で使用するのはもちろんですが、もしもの事態に備えて手の届く範囲に用意しています。

 

そして片手で鉗子を開いたり閉じたりしなくてはなりません。

難しい事を言っていないようですが、これがなかなか難しいのです。

 

 

鉗子は挟んだらその状態を保持するため、この様に閉じたら外れない構造になっています。

 

私たちは慣れているので、片手でガチガチと(この様な音がなります)扱いますが、初めて使う学生さんは「えっ!できない!」と驚いています。

 

でも慣れれば大丈夫ですので安心してください。

 

体験入学では”透析機”で使用している鉗子と”人工心肺装置”で使用している鉗子を持ってお待ちしていますね。

 

首都医校のAO入試は残すところあと3回!!

臨床工学学科は”4年制”となり卒業後は『高度専門士』という学位が与えられます。

次回の体験入学は9月27日(日)13:00~16:00を予定しておりますので是非ご参加ください。

 

■体験入学の予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

■臨床工学学科(4年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cm

■臨床工学技士特科(1年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cz

 

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp