【オンライン学校見学3】看護学実習室の紹介(青)

今回は青の実習室についてご紹介します

6月からは学校に登校し、実習室を使った演習が始まりました。

動画のベッドメイキングもこちらの実習室を使用します。

教官同士息のあったベッドメイキングの様子をぜひご覧ください。

 

7月18日(土)体験入学のお知らせ

7月18日の体験入学では、これまでにご紹介した

看護学実習室を使って、首都医校の授業を体験できます。

 

実際の授業の様子は?

どんな先生がいるのか不安。。。

学校全体の雰囲気はどんな感じか?

皆様の不安を解消にぜひ一度ご来校ください

↓ご予約はこちらから↓

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

『ツボ』とは・・・

「痩せるツボを押したら3Kg痩せた!」みたいな話を聞くことがありますが、実際そんなベンリなことはありません。

 

人間の身体は機械ではなく、ツボはスイッチではありません。

 

「ツボ」は正式には「経穴」(けいけつ)といいます。

 

「経穴」は単独で存在しているのではなく、「経絡」(けいらく)という「まとまり」をつくっています。そして、「経絡」は体の表面ではなく、体の奥にも達しています。

 

 

体の表面にある「経穴」に鍼やお灸を施術して内臓疾患が治るのは、「経絡」が体の奥にいたって、内臓にもつながっているからです。

 

首都医校の鍼灸学科では実習時間を多く有しているため、その分長く技術に触れることができます。

技術に触れながら経穴・経絡について学ぶことができる点が特徴です。

 

・どのようなカリキュラムなのか

・学費について

・入試対策について

 

などの疑問がございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

ご来校された際には実習室含め詳しくご説明させていただきます。

 

6月28日(日)は体験入学を予定しております。

教員による体験授業を受けるだけでなく、教員や学生と話すことのできる貴重な機会です。

みなさまのご参加、お待ちしております。

 

体験入学・オープンキャンパスの予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

◆鍼灸学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ea

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

非接触型温度測定器の導入

本日、コクーンタワーに『非接触型温度測定器』設置しました。

 

画面に顔を近づけると瞬時に体温を測定できる「顔認識型」の機械です。

 

 

首都医校では6月28日(土)オープンキャンパスを開催します。

当日は”フロア消毒””座席の間隔を空ける””各所に消毒アルコールの設置”等、

感染症予防対策を実施します。

 

また、来校が不安の方のためにオンラインでの学校説明会も行っております。

 

『来校型』『オンライン型』ともにみなさまのご参加お待ちしております

 

■体験入学・オンライン相談会の予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

■お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

卒業生のご紹介(柔道整復学科)

 

こちらは卒業生の中嶋さんが経営している「ロコムーブ」のトレーニングジムです。

ロコムーブのプライベートレッスンでは『動作を治療する』というコンセプトのもと、お客様の姿勢や動きの癖を修正し、痛みや肩こり等を解消する身体の使い方をお伝えしています。

 

( ↑ 座標を用い、客観的に動作を修正します)

トレーナーの中嶋先生は学業を通じて生理学や解剖学などの知識を深め、さらに外傷の知識を身につけることで現在パーソナルトレーナーとしてアスリートの怪我のリハビリや高齢者の介護予防など多岐に渡って活動の幅を広げております。

 

夜間部で学んでおりましたが先生方はどんな質問でも親身に答えてくれ、授業の前後の時間も有効活用できたことに加え、社会人が多いので勉強の雰囲気も良かったとのこと!

 

中嶋先生からメッセージをいただいておりますので是非ご覧ください!!

 

 

首都医校の柔道整復学科では社会人の方も学んでおります。

夜間部につきましては「最大168万円の給付金」を受けることのできる専門実践教育訓練給付金の指定講座でもあります。

・社会人でも学ぶことはできるのか

・独立開業はできるのか

・学費サポートはあるのか

・入試について

などの疑問がございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

ご来校された際には実習室含め詳しくご説明させていただきます。

 

6月28日(日)は体験入学を予定しております。

教員による体験授業を受けるだけでなく、教員や学生と話すことのできる貴重な機会です

みなさまのご参加、お待ちしております。

 

体験入学・オープンキャンパスの予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

柔道整復学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ej

 

◆ロコムーブ

http://locomove.com/

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

心電図について

こんにちは。臨床工学学科教官の柏原です。

 

皆さん、健康診断でおそらく心電図をとったことがあるかと思います。

心臓は微弱な電気信号を元に収縮しており、その電気信号の電位を測定し図にしたものが心電図です。

 

 

これが心電計の本体です。

両手と両足、さらに胸部に6つの電極を装着します。

       

 

両手、両足はこのようなクリップ型のものを挟むものと、電極がついたシールを貼るものがあります。

 

 

 

 

胸部に使用する電極はこのような吸盤型のものや、手足の電極と同様に電極がついたシールを貼るものがあります。

 

心電図は両手と両足、胸部の定められた位置に電極を装着することで測定ができ、心臓のさまざまな情報を得ることができます。

 

臨床工学学科では、心電計の構造や波形の成り立ち、胸部電極の装着位置、心電図の読み方 などを勉強します。

 

実際に学生同士で心電図を貼り合い心電図を測定する実習も行います。

 

臨床工学技士は他にも「人工呼吸器」や「ECMO」等にも関わっており、非常に注目されている職種です。

 

・どのようなことを学ぶのか

・どのようなところで働くのか

・実習室を見てみたい

 

など、興味がある方は学校説明会や体験入学にお越しください。

 

■体験入学、学校説明会のご予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

(学費や入試についてもご説明いたします。)

 

■臨床工学学科(4年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cm

 

■臨床工学技士特科(1年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cz

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

日本における5大疾病をご存知ですか?

皆さんこんにちは。

 

さて、皆さんは日本における「5大疾病(しっぺい)」

ご存知でしょうか?

がん脳卒中急性心筋梗塞糖尿病

そして精神疾患です。

 

では、どの疾患を抱えた患者数が一番多いでしょうか?

精神疾患が正解です。

一番身近に思える糖尿病患者数は、約330万人、

精神疾患は420万人と言われています。

(2017年 厚生労働省:患者調査)

 

過去、政府が発表した「こころのバリアフリー宣言」では、

過去1ヶ月以内にストレスを感じた人は2人に1人、

生涯を通して精神疾患にかかる人は5人に1人とされています。

 

まだまだ精神科病院とか精神病なんて耳にすると、

他人事に聞こえるかもしれませんが、

街中をよく見ながら歩いてみると、

メンタルクリニックの看板をけっこう目にしませんか?

何か不安になったり、眠れなかったりしただけでも、

気軽に敷居をまたげるクリニックが増えています。

心の悩みや精神障害者に寄り添う、

国家資格を持った精神保健福祉士がたくさん働いています。

 

興味が持てたら、まずは気軽に問い合わせてみてください。

 

◆精神保健福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wp

 

◆体験入学や学科説明会で詳しく話を聞いてみたい方

お申し込みはコチラ⇒https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

学費や入試についてもご説明いたします。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

歯科衛生学科 卒業生を紹介します

歯科衛生学科 1期生として2016年に首都医校へ入学し

2019年に卒業した卒業生をご紹介します。

 

椎野 友香さん

勤務先 : 医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院

 

 

 

 

 

 

 

 

≪こんな仕事をしています≫

歯科衛生士になって1年目は、歯科医師の診療補助につき

歯科治療の流れを学びました。

その後は先輩衛生士の補助につき、患者様との接し方や

SRP(スケーリング&ルートプレーニング)など臨床技術の向上に励み、

十分な自信と技術を持った上で患者様を担当しています。

 

≪今後の抱負≫

当院は日本歯周病学会の認定研修施設ですので、

臨床の勉強やレントゲンの読影など研鑽を積み、

歯周病認定衛生士の資格取得を目指します。

患者様に寄り添い確かな医療を提供できるよう技術向上を図り、

患者様に喜んでいただける歯科衛生士になりたいです。

 

≪こんな勉強をしています≫

心理学の勉強を通じて、患者様と信頼関係を築くためのアプローチ法や

声のかけ方などを学んでいます。

今後はコミュニケーション検定や心理学検定にも挑戦し、

その成果を日々の臨床に活かしていきたいと思います。

また、当院には英語圏の患者様が多く来院されるので、

英語対応も身につけたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

◆歯科衛生学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/dh

 

 

◆首都医校では6月28日(日)に体験入学を開催予定です。

 

・学校の雰囲気が知りたい

・先生や学生と話をしてみたい

・入試や学費について知りたい

 

など興味がありましたら是非ご参加ください!

 

◆体験入学のお申込みはコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

柔道整復師に欠かせない道具

こちらは柔道整復学科の実習室です

 

手前の机に置かれているこちらの器具、、、何に使うのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

この器具は包帯を巻きとるのに使用する「包帯巻き器」というものです

 

 

 

 

包帯を器具に通して

 

 

 

 

折り重ねていくと・・・・

 

 

このように包帯をきれいに巻くことができます

 

・首都医校はどんな学校なのか
・学費、奨学金について
・入試について など

※「専門実践教育訓練給付金」の指定講座です(夜間部のみ対象)

 

柔道整復師についてご興味がある方は学校説明会や体験入学に是非ご参加ください!

 

体験入学・・・6月28日(日)13:00~

 

◆学校説明会・体験入学の予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆柔道整復学科
https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ej

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

シミュレーション訓練練習

首都医校の救急救命学科では2年生の冬に「救命シミュレーション訓練」を実施しております

 

  

学生同士でシチュエーションを考え話し合い、本番に向けてしっかり練習します。

 

  

 

体力づくりも重要です

 

 

女性学生も多く在籍しています

 

本学科では消防職員になるため知識と技術をしっかり身に着け、即戦力となり得る人材の育成を目指しております

 

救急救命学科実習室

 

6/7は体験入学を行い、学科教員の体験授業を受けることができます!!

・どんな先生がいるのか

・学校の雰囲気

など興味がありましたら是非お越しください!

 

■体験入学の予約はコチラ ↓ ↓ ↓

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

■救急救命学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ce

 

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp