平成最後の最高学年

3年生
昨年12月中旬に全ての講義と実習を終えて、国家試験対策が始まりました。夜遅くまで校舎に残り一生懸命勉強している姿や多くの教員に質問している姿に感心ました。国家試験も終わり合格発表までは、安心できませんが本当に皆さんよく頑張りました。

ハードスケジュールな3年生、国試直後から、臨床の最前線で活躍している認定看護師や専門看護師による講演の専攻コースⅠと成人・精神・母性・老健領域を実際に見学する専攻コースⅡさらに3年間の集大成を要約する看護観が終わりました。その看護観では、多くの学生が『寄り添う看護』をテーマにしている中、講演者らは、『その人らしさ・生命観・尊ぶ・相手と考える・感謝』といったヒューマニズムに富み、多くの教員が感銘を受けました。きっとこれなら、未来の看護師を担えると確信した瞬間でもありました。

努力した、苦しかった、楽しかった(?)3年間、本当にお疲れ様でした~羽ばたけ☆

皆さんの活躍を期待しております!!

【学生インタビュー】高度専門士看護学科 2年生 北原さん

北原 星さん

出身地 : 長野県

趣味 : 映画鑑賞 、 空手

 

■看護師を目指そうと思ったきっかけは?

介護士として働いている母が家事と仕事を両立させている姿を見て、医療の仕事に対する憧れがありました。小学校6年生の時に「ナースのお仕事」をテレビで見て「看護師ってかっこいいな」と思ったのが看護師を目指そうと思ったきっかけです。

 

■首都医校を選んだ理由

たくさんあります 笑。その中でも4年制で学歴、待遇面で大卒同等の「高度専門士」の称号が取得できるところに惹かれました。また体験入学に参加した時「ここに勝る所があるのか」と思ったぐらい設備が整っています!

大学進学も考えましたが「将来、現場で活躍できる看護師になる」という夢を持っていたので専門的に学ぶことのできる首都医校を選びました。

 

■入学してからの学生生活はイメージ通りでしたか?

ほぼイメージ通りです!放課後に友達と勉強したり、息抜きで映画を見に行ったりルミネで買い物したり♪今は実習期間中でバイトに行くことができませんが、バイト先では他の学校の学生と仲良くなれて楽しいです!!

 

■首都医校の魅力は?

先生がとても親身になってくれるところです。学生と先生の距離が近いので何でも相談できます!私は勉強だけでなくプライベートの相談もしちゃってます笑

■学生寮からの通学について

学生寮から学校までは40分くらいで通いやすいです。首都医校の学生だけでなく他の学校の学生も利用しているので、一緒にご飯を食べたりテレビをみたりして友達の輪を  広げることができます。また朝ごはんと夜ご飯は寮が準備してくれるのでとても楽です。

 

■今後はどのような病院に就職したいですか?

産婦人科のある病院で考えています。初めはただ漠然と「看護師になりたい」という思いだったのですが、去年の11月に母性の授業を受けて楽しかったのをきっかけに進みたい領域が決まりました。首都医校では助産学科も入っているので内部進学制度の利用も考えています。