ふらふら日記@介護を学ぶ

みなさん,こんにちは!

社会福祉学科では「介護」を学ぶ講義が展開されていますo(゜゜*≡*。。)o

これは「高齢者に対する支援と介護保険制度(高齢者福祉論)」の講義のなかで介護福祉学科の先生から介護のい・ろ・はをお教えいただく時間なのですが...
講義目標は「介護技術の習得」もあるのですが,なにより大切なことは
介護の実践を通して「社会福祉士として」何を感じ,何を考えることができるのか!
ってことなんですよね(゜▽゜*)(。。")≡(*゜Д゜)(*≧▽≦)

もちろん社会福祉士だって介護に携わることもある資格ですから
技術を習得することも必要ですが,ベッドに寝てみたり,起き上がりの介助を受けてみたり,ユニバーサルデザインフードを白内障ゴーグルをつけて見て,嗅いで,そして最後にはみんなで食べてみたり...
そうしたことを通じて,高齢者や障害のある方の「歩きたい」「食べたい」という意欲をどのようにひきだすのかを考えることも大切なんですよね

(*/^^)人(^^ヾ*)

なぜなら...私たちの仕事って...¢(^^*)おっと
それはまた次の話(^^♪

「ふ・く・し」ってさ
知れば知るほど,実践してみればしてみるほど
面白いよね...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした

17_0615_WS_01_2012

雲外蒼天

こんにちは

梅雨も本番 鬱陶しい毎日が続いています。
でも、ふと街中にも紫陽花が咲き誇っていたり、色とりどりの傘の花が
咲いていたりと、それはそれで楽しめる光景はあるのですが・・・・
学生にはそんなゆとりはないかもしれません。夏休み前には定期試験、夏休みが明ければ前期の実習が待ち構えています。

勉強のスケジュールを立て、鬱陶しい梅雨空を見上げため息をつく
場面もきっとあることともいます。でも、そんな時だからこそ、来年2月の国家試験を見事突破して4月には就職先で、また違った緊張感を味わっている自分を想像してほしいのです。

私の好きな言葉に「雲外蒼天」という言葉があります。
どんなに厚い雨雲が立ち込めても、どんな嵐が訪れても雲の上はいつも快晴 そしていつしか雲は去り、まぶしい陽光が差し込みます。だから、梅雨空に負けないパワーで頑張ってほしいのです。

コクーンタワー 防災訓練

6月14日、ロンドンの高層マンションで火災が発生しました。私たちは、ちょうど 1週間ほど前にコクーンタワーの防災訓練をしたばかりでしたので、平時の準備や避難訓練の大切さをあらためて感じています。

コクーンタワーは50階建で、首都医校は7階から21階を主に使用しています。タワー内部にある二つの階段で1階までおります。日頃お世話になっているエレベーターは当然使えませんから、階段だけが唯一の避難経路です。晴れていたら、新宿区指定の広域避難所である新宿中央公園まで行く予定でしたが、今回は雨天のためタワー内の避難のみで終わりました。

保健師をめざす学生たちは「地域災害看護学」の科目で災害のサイクルに合わせた支援を学習します。地域では、自力で避難できる人もお手伝いが必要な人も、みんなが怪我をしないように安全に避難できる方法を考え、訓練やイメージしておくことも大切な支援の一つです。災害への備えを、そのうちに・・・、そのうちに・・・、と後回しにせず、やっぱり、今のうちにしようと思いました。

17_ブログ20170620_NN_02_2103

 

卒後研修

みなさんこんにちは。
鍼灸学科 江頭です。

卒後研修生についてご紹介します。
今回は、1期生3名、6期生2名です。
すでに臨床を積んでいた1期生は、患者さんの愁訴の根本にあるものを見極め、患者さんに適した刺激量を考えながら臨床力をあげるよう努めています。今年合格したフレッシュな6期生は、厳しい指導の下で、少しでも患者さんが楽になるように、早く先輩方の技術レベルまで達しようと努力を惜しんでいません。皆が鍼灸という伝統技術を体得しようと真剣です。
すでに、研修が始まり2ヶ月が経過し、患者さんに向き合って治療している姿は逞しくなってきました。患者さんから楽になったと言われるのはみんなが成長した証です。もっともっと成長して、一緒に鍼灸業界を盛り上げよう!

読話教室準備

言語聴覚学科の2年生は、成人聴覚障害Ⅱという授業の中で、聴覚障害の方への支援について体系的に学んでいます。

今回、学生が指導者となって読話教室のデモンストレーションを行うことになりました。ポスター作りや当日のプログラムとその目的をグループごとに話しあいます。当日は挨拶や課題の説明もすべて読話で行います。

しっかり口元を見せて相手に伝えようとする気持ちは学生の今後の臨床にもつながる姿勢です。

当日、楽しく有意義な読話教室になりますように。