最近の昼間部2年生

今週から、昼間部の2年生は評価の演習(実践編)が始まります。

今回は、本校の「ことばの相談室」の利用者の方にお願いして評価(利用者の方の状況を把握し、今後の対処法を見出すために行うもの)をさせていただきます。

検査の対象になる方についての情報収集、評価の目的の決定、目的にあわせた検査の選択、説明の仕方、時間配分など、これまでになく具体的な計画や練習が必要です。

3人で1人の利用者さんを担当させていただくので、1人では準備ができません。また、ふだんの授業や課題はいつもどおりありますので、準備は自然と放課後の夜の時間が多くなります。

このところ「先生!今日は何時まで学校にいらっしゃいますか?!」と昼のうちから呼び止められることが多くなりました。

内山孝夫教官のご紹介

理学療法学科・教官の福田崇です。

一緒に働く教官についてインタビュー形式でご紹介します。

Q 「お名前を教えてください。」
A 「内山孝夫です。」

Q 「理学療法士免許を取った年はいつですか。」
A 「約30年前になります。」

Q 「理学療法士になった動機は何ですか。」
A 「テレビの特集で,義足を見て理学療法士になりたいと思いました。」

Q 「理学療法士としてのやりがいは何ですか。」
A 「病気を持った人を,少しでもよく出来ることがやりがいです。」

Q 「理学療法士の教官としてのやりがいは何ですか。」
A 「学生と共感できることです。」

Q 「これから理学療法士を目指している人々に一言お願いします。」
A 「国民の健康づくりの一翼をになう職業です。」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最新のトレーニンググッズ (2)

Boa tarde!!

ブラジルサッカーW杯がいよいよ開幕しますね!今回はどこが優勝するのか楽しみです。やはり開催国のブラジルはアドバンテージがありそうですね♪ブラジルでは暑い一ヶ月になりますが、関東ではジメジメの梅雨の季節に入りますね・・・。

今回は以前紹介した最新のトレーニンググッズについて、続きを話したいと思います。この最新トレーニンググッズとは『スラックライン』と言います。ロープを張って、その上でいろいろな技を行うもので、全身のバランス能力と筋力を向上させるグッズです。
上級者になると、スラックラインの上で飛んだり、回転したりとアクロバティックな技を行うことができるそうです。
最近では、スキー選手などがトレーニングとして取り入れています。今後更にいろいろなスポーツ現場で普及していくのではないかと思います。
実際にやってみると歩くだけもかなり難しいです。今アスレの教官達で使いこなせるようにトレーニング中です!!近いうちに体験入学の授業で実施したいと思っておりますので、是非体験入学に参加ください。
DSC_0571

チーム医療(アスレティックトレーナー編)

こんにちは! 首都医校 柔道整復学科 教官の森田です。

本日は柔道整復学科の夜間部学生が「チーム医療」の授業(他学科とのコラボレーション授業)でアスレティックトレーナー学科のトレーニングルームにて実際にトレーニングマシーンやバランスボールなどを体験させていただきました。

スポーツに関わる仕事を目指している学生が多いため、実際にスポーツ現場でご活躍されている、アスレティックトレーナー学科の高井教官のお話やご指導に大変真剣に耳を傾けていました。

皆、思う存分に身体を動かし、清々しい汗をかけたことで日頃の疲れもリフレッシュされていたように見えました。

学校の中でいつでもトレーニングやコンディショニングについての質問や相談のできる環境が整っていることに対するありがたみを肌で感じることができたかと思います。

14_0602_EJ_01_1703
14_0602_EJ_02_1703
14_0602_EJ_03_1703
14_0602_EJ_04_1703

6月の定例交流会 (昼間部)

今日は、TO学科 昼間部の定例交流会がありました。
といっても、今回が第1回目 !!
今後、継続していきたいと考えています。

テーマは、「みんなで造ろうTO(作業療法)学科」です。

1年生から4年生までの昼間部の学生と教官が一同に会し、ランチを取りながら、交流しました。くじ引きで席を決めて着席。初めて話す人もいたようですが、和やかな雰囲気で会は進んでいきました。

先週、教官に聞きたいことのフリーアンケートを行った結果、今回は、内山先生から「生理学の勉強の方法」、熊谷先生から「どうやったらもてるか?」、瀬戸先生からは「青春時代」の話をしていただきました。

詳しく聞きたい方は、直接、内山先生、熊谷先生、瀬戸先生に聞いてくださいね。

作業療法学科 教官 岩本
14_0602_TO_01_1712
14_0602_TO_02_1712
14_0602_TO_03_1712
14_0602_TO_04_1712
14_0602_TO_05_1712