電気実習

14_0421_CM_01_1712
こんにちは。首都医校 臨床工学学科の奈良部です。

授業が始まり2週間が経ち、
学生の皆さんは授業に慣れてきた頃でしょうか?

さて、今日は昼間部3年生で行う電気実習の風景を
少しですがお伝えしようと思います。

臨床工学学科では生体の勉強以外にも電気・電子の勉強をします。
そして理解を深めるために実習もあります。

今回は本格的な実習をする前に、自分でテスターを作ってみよう!
というわけでテスターを作成しています。

このような実習は楽しいですが、
様々な危険があるため真剣に取り組んでいました。

くれぐれもヤケドには気をつけてくださいね。

校外学習その1 フレッシュな汗

14_0421_CE_01_1721
こんにちは、救急救命学科教官の岡部です。
当学科のブログは、六名の教官が順番で作成しております。
今回は梶元先生から引き継ぎ担当します。

首都医校救急救命学科が開校時から開催しているのが「校外学習」です。

この宿泊イベントを通じて新入生に安心感と親睦、そして二年生からの学習アドバイスや学校内での過ごし方、更には、消防署勤務に備え、挨拶、規律、迅速性、連帯感や集団生活上のルールとマナーとエチケットなどを修得する場でもあります。

初日の四月十八日は体育館でのフットサルやドッジボール(1.2年合同チーム、クラス対抗)でフレッシュな汗をかき、その後の食事でのラーメンの味は最高。

次回も校外学習の模様をお伝えします。

「ふ・く・し」って...

14_0421WS_01_1712みなさん,こんにちは

ふと,このブログを読んでいるみなさんは「福祉」に興味があるよなぁ...
という一方的な思い込みで今日は徒然なるままに書いてみますm(_ _)m

学校で「福祉」を学び始めるといろいろと難しい講義を聴きますが,
そもそも「福」にも「祉」にも「しあわせ」って意味があります。

そこで,私は最初の講義で「福祉」とは

 ふ・だんの
 く・らしを
 し・あわせにすること ですよ~という話からはじめます。

そして,もうひと言!
ふだんの暮らしの中には「自分」が含まれていることを忘れないでねって...

その後は,やっぱり難しい話になるか...なヾ(^^;)
「みんながしあわせになる社会」ではなく「みんなでしあわせになる社会」を!
そんな社会を夢見て...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした

まずは体験入学で話しをしてみませんか?
福祉ってみなさんが思っている以上にとても身近なものですから。

卒業生が開業!

14_0421_EJ_01_1712
こんにちは! 首都医校 柔道整復学科 教官の阿久津です。

2014年4月14日(月)に本校の卒業生が
埼玉県の春日部で整骨院を開業しました!

整骨院の名前は「整心堂整骨院」だそうです。
かっこいい名前ですね♪

これから地域医療に貢献し、地域の皆様から信頼を得られる
整骨院を作っていってください。

いろいろ大変なこともあると思いますが頑張ってください。
応援しています!

開業おめでとうございます!

バイタルチェック

言語聴覚学科の教員小林久子です。

短い期間で沢山勉強しなくてはならない本学科では、学生にとってまず必要なことは何よりも健康です。自分の健康を毎日チェックすることは大切です。

そして言語聴覚士としては、対象者の健康を守ることも重要な仕事です。そのために入学した4月から早速、脈拍のとり方、血圧の測り方を練習します。自分の脈拍や血圧の標準をご存知でしょうか?

「えっ?私が血圧測るんですか?」と驚く人や他人の手首を触るというだけでどきどきしてしまう人もいるようです。自分の脈拍や両親の脈拍なども、ときどき触ってみておくといかがでしょう?

実技授業

理学療法学科・教官の福田崇です。

今回は新2年生の授業風景をご紹介します。

昨年まで座学で基礎の基礎を修得する授業でしたが2年生になり実技の授業が徐々に加わってきます。

座学では机にしがみついていた学生たちも、体を動かす実技では積極的に動きながら授業を受けています。

実技の授業は座学の授業で学んだ内容が頭に入っていないと表面的な模倣のみになってしいます。

実技を通して座学の復習も改めて勉強してほしいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勉強の仕方(1)

言語聴覚学科は大卒過程ですので、年齢や大学の専攻、職歴などさまざまな背景の方が入学してきます。

中には、もう何年も勉強をしていないので、勉強の仕方を忘れてしまったという方もいらっしゃいます。

そこで、言語聴覚学科では、勉強の仕方から具体的に指導をしていますが、どのような指導をしているのか、このブログをご覧の皆さんにもお分かりいただけるように、これから何回かに分けて説明をしてみたいと思います。

最も重要なことは授業を大事にすることです。

授業中に先生に教えてもらってもわからなかったことを、後で一人でやろうと思っても、とても大変です。

ですから、授業で出てきた疑問はすべて授業中に解決してしまいましょう。

はじめまして

こんにちは!首都医校看護学科小児領域担当教官の山崎です。
はじめてブログを書かせていただきます。

4月は新しいスタートを切る時期ですね。
心機一転、清々しく、元気に皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います。
地方から出て来て都会での生活はウキウキ、ハラハラ、ドキドキです。

私の出身は福島県いわき市です。
いわきといえばフラダンスですね!私も踊っています!
興味のある方はぜひ声をかけてくださ~い。一緒に踊りましょう。
よろしくお願いします。               

穀雨にセロリ

こんにちは。 首都医校 鍼灸学科 教官の曽根です。

4月20日(陰暦三月二十一日)は二十四節気の穀雨でした。
このころよく雨が降って、万物を生育させ、百穀を潤すといわれています。

新しい年度が始まり、何かと落ち着かない生活を送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
日本では4月から新年度が始まりますが、ちょうどそのころ季節は春。
体調を崩しやすい時季です。

そんな時にオススメしたい食べものが、セロリです。
セロリはセリ科なので、独特の香りがあり、気のめぐりをよくするといわれています。
さらに精神安定作用のあるカルシウムも多く含みます。

セロリを食べて気分スッキリ!したいですね。

コラボレーション授業

新学期も始まり、新入生もようやく授業に慣れてきた今日この頃です。

アスレティックトレーナー学科の一年生は授業の一環として言語聴覚学科の一年生にラジオ体操指導を行うというコラボレーション企画があります。

つまりこれは、入学早々にもかかわらず運動指導の現場が待っているということで、人に指導することが仕事となるアスレティックトレーナーとしてのデビューでもあります。

今できる精一杯の運動指導はどうなるのでしょうか?
期待を込めて見守りたいと思います。
人に伝えることの大変さを理解してもらえれば大成功です。

自信を付けて成長できるようこれからの準備が大変です。
クラスメイトとの協力と連携もうまくとれるかな。本番は5月19日です。