第一段階実習報告会開催

みなさんこんにちは

やっと緊急事態宣言が解除となりましたが、以前のような日常がいつ戻ってくるのかは、まだまだ不透明な状況です。緊急事態宣言発令中の8月下旬から9月中旬にかけて、精神保健福祉士学科では、第一段階の実習が行われました。初めて精神障害者と接する学生も多く、実習先である精神科病院、クリニックのデイケア、地域にある福祉施設等実習先で14日間に渡る実習に取り組みました。不安と戸惑いの中でスタートした実習であっても、“何かを学びたい”という気持ちから、勇気を持って一歩を踏み出すことにより、実習に取り組む姿勢、授業で学んだことの再確認、新たな気付きや課題の発見、何よりも患者さんや利用者さんから多くのことを学ぶことができたと思います。

報告会では、学生一人一人が実習を通して、できたことできなかったこと、あるいは実習指導者さんから助言や指導を受けたこと、新たな課題を見つけたこと、患者さんや利用者さんとの心温まるエピソード等、それぞれが楽しくも有意義に、辛くとも必死に悪戦苦闘した模様が熱く報告されました。そうした中、教員としてとても嬉しかったのは、できなかったことや失敗したことを、しっかり受け止めてみんなの前で報告できていることでした。

できなかったことや失敗は、次に繋がる大事な経験です。何故できなかったのか、どうすればよかったのか、実習を振り返る中でもう一度考え直すことができれば、必ずや次の実習や現場に出て活かされていくと思います。

まずは学生一人一人に「お疲れ様でした!」と伝えます。

 

精神保健福祉士学科 深須 利幸

 

◆精神保健福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wp

来校での入学相談会のほか、オンラインでの相談会も実施しております。

◆イベント・入学相談のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

基礎看護学実習発表会

こんにちは
実践看護学科の渡部です。

10月1日に高度看護保健学科2年生、実践看護学科Ⅰ・Ⅱの2年生の『基礎看護学実習Ⅱ まとめの発表会』が行われました。
(実践看護学科Ⅱは夜間学科のため、夕方からクラスの学生のみで行われました)

1月の基礎Ⅰ実習以来の病院実習に、不安や緊張もあったと思います。また、コロナ禍であり、病院実習に行くにはクリアしなくてはいけない要件もありました。
学生たちは実習に行く前からこれまで以上に健康管理に気を付け、実習に臨みました。

高度看護保健学科の学生達は9日間を病院で、実践看護学科Ⅰの学生達は5日間を病院で実習させていただきました。
実践看護学科Ⅱの学生たちは、今回病院での実習は叶わず、全て学内での実習となりました。が、その分、学習や記録には力を入れて取り組みました。

今回の実習の1番の目的は『看護過程の展開』ではありますが、学内とは違い、実際の患者さんを受け持ったことで学生たちはそれぞれに得たものがあったようです(*^_^*)
もちろん、病院実習に行けなかった実践看護学科Ⅱの学生達も次の実習に向けて前向きな気持ちであります

2年生は後期も学内での授業が続き、年が明けたら2月からはいよいよそれぞれの専門領域の実習が始まります。
無事に基礎の実習が終了しましたが、ほっと息つく暇もありません。
勉強も実習も、これからが本番
頑張れ2年生

 

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

東京2020パラリンピック 

8/24東京パラリンピックが開催となりました。

パラリンピックは国際パラリンピック委員会が主催する身体障害者を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会です。4年に1度オリンピック競技大会の終了直後に同じ場所で開催されているのは皆さんご存知かと思います。

もうひとつの(Parallel)+オリンピック(Olympic)という意味で「パラリンピック」という公式名称も定められました。

パラリンピックの起源とされているのは1948年ロンドンオリンピック開会式と同日に、イギリスのストークマンデビル病院で行われたストークマンデビル競技大会とされているそうです。

これは戦争で負傷した兵士たちのリハビリテーションとして「手術よりスポーツを」の理念で始められたものだそうです。

大会の象徴であるマークは人間の最も大切な3の構成要素「心、肉体、魂」をの三色で表しているそうです。

開催当初は福祉的側面で捉えられることが多かったようですが、現在は障害者アスリートという言葉も使われるようになり競技スポーツとしての側面がクローズアップされてきているようです。

選手が常用する医薬品に禁止物質が含まれている場合、薬を変更するなど難しい現状もあるようです。また、スポーツ用機具には保険が適用されないなど、非常にコストがかかり個人的・国家的経済問題も複雑に絡み出場を諦める選手もいるようです。

報奨金もオリンピックと差があるなどの問題があるようです。

パラリンピックに出場するには国際パラリンピック委員会の定める厳しい選考基準をクリアしなければならないようです。回を重ねるごとに大会レベルが高くなり、大会記録・世界記録も更新されているそうです。

障害者アスリートとしてスポーツをされている方々の努力と勇気は計り知れないものです。

今全力で頑張っている障害者アスリート全員の方々を応援したいと思います。

障害者アスリートがより整った環境で練習ができ、発揮する場ができるようなることを願っております。

高度専門士看護学科 乾

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

夏休みを制する者は国試を制する!

みなさんこんにちは

精神保健福祉士学科は、前期のカリキュラムを修了し夏休みに突入しました。4月に入学して高い志のもと、勉学に励んできた甲斐あって、前期科目の単位を落とすことなく夏休みを迎えることができました。

本来であれば、3週間に及ぶ夏休みを満喫したいところだと思いますが、最後のホームルームでは「夏休みを制する者は国試を制する!」としっかり担任からプレッシャーをかけられていました(笑)。巷ではコロナ禍における東京オリンピック2020が開催され、日本のアスリートにも多くの活躍が期待されています。開催されるかどうか不透明な中、またオリンピック開催については中止すべきとの声も多く聞かれた中、アスリート達は、不安と戸惑いを抱えながらこの日のために、血の出るような練習を積み上げてきたことと思います。

テレビの前でメダル争いに声援を送るだけではなく、この舞台に立つまでの苦闘と葛藤をアスリートの汗と涙から感じ取ってもらえたらと思います。

学生にとっても、この夏休みは国試合格へ向けて、計画的に勉強に取り組んでほしいと思います。遊びたい、ゆっくりしたい、そうした葛藤の中で勉強へと一歩を踏み出すことが、国試合格、そして大きな成長への力になっていくと信じています。

体調管理をした上で、勉強、時にはリフレッシュ、入学当時の志やモチベーションを改めて振り返り、夏休み明けには一回り大きくなった学生に再会できることを楽しみにしています

ガンバレ日本! ガンバレ学生!

 

精神保健福祉士学科 深須 利幸

◆精神保健福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wp

来校での入学相談会のほか、オンラインでの相談会も実施しております。

◆イベント・入学相談のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

計画的な勉強方法

高校生の皆さんの授業は50分前後だと思います。
試験も、中間試験、期末試験と、年に何回もありますね

一方、専門学校の1コマは90分もあります。
授業の種類にもよりますが14回終えてから試験、というのが普通です。
これ、週に1コマの進度で終わるまでに14週間かかるということを意味します。
だから、試験期間も年に2回しかないという学科がほとんどです。

試験が少なくて楽だと思いますか

範囲が広い! 

内容も多い!

 「一夜漬け」なんて通用しない!

普段から試験に向けた計画的な勉強が必要なのです。

この計画、やったことがない人はなかなか立てられません。

でも、小テストを何回か繰り返すうちに、段々と計画を立てられるようになります。
いつまでに、何を、どれくらいやるのか、分かるようになるんですね。
小テストには知識の確認という意味のほか、計画を立てて勉強する習慣をつけて欲しいという願い込められているのです。
先生方はそこまで考えて小テストを作っているんですよ。

先輩達は計画を立てて、夏休み明けの試験に挑みます。

 

教務部 務臺

 

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

かまいたちがMCのテレビ東京「お仕事search!それってグッジョブ」で、首都医校が紹介されます!

6/30 (水)放送の、テレビ東京「お仕事search!それってグッジョブ」にて首都医校が紹介されます。ぜひご覧ください。

——————————————-
▼番組名
テレビ東京「お仕事search!それってグッジョブ」
▼放送日
6/30 (水)25:40~※放送日時が変更する場合があります。
▼出演者
【MC】かまいたち(山内健司、濱家隆一)
【アシスタント】田﨑さくら
——————————————-

 

 

基礎看護学~静脈注射演習~

基礎看護学にて採血の演習を行いました。

学生は、今まで医療用の注射器や針を扱ったこともなく初めて専門の医療機器に触れました。学生皆緊張しつつ興味津々で、真剣な眼差しで講義を受けていました。

まずは教官がデモンストレーションを行い、学生に目的や方法、注意点、使用方法を説明します。実際の針を扱いますので間違った使用をするととても危険です。

 

モデル人形を使用し、人体の腕に見立てたモデル人形の腕に採血を行っていきます。

 

モデル人形ではありますが、針を人体は勿論のこと、人体に見立てたモデル人形の腕に刺すのも初めてです。実際の血管に刺すような感覚も体験でき、血管内に針が入ると血液の色をした液体を実際に採取することができます。

 

クリニックや病院を受診すると、診断や治療効果の判定のため採血することは往々にしてあります。ほとんどの方が受けたことのある検査で、良く行われる検査です。採血は、医師、看護師、臨床検査技師という国家資格を持った者が医師の指示のもと行うことのできる検査です。人体に針を刺すということはリスクもあります。疼痛や血管損傷、神経損傷や感染、アレルギーなど様々なリスクがあります。そのリスクを最小限にし、最大限の効果を得るために、原理原則に基づき、正しい手順で、根拠と留意点を理解し行うことが重要であるため資格者のみが行える行為であります。採血を行う医療者も針刺しなどのリスクが伴います。医療者自身の身を守るためにも正しい知識技術を身に付けることは大切です。数年後医療の現場で沢山の方々を救う看護ができるよう頑張って勉強していきましょう。

 

高度専門士看護学科 乾

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

7/17(土)体験入学にアーティスト専門鍼灸師 メガパン先生の来校が決定!

7/17(土)の体験入学に、本学特別講師のメガパン先生こと、野田先生が来校します

数々のアーティストを支える鍼灸師として、音楽シーンでも大活躍するメガパン先生。どのようにして仕事をしているのか、アーティスト専門鍼灸師になるには何が必要なのかなど…、『音楽×鍼灸』新たな活躍の場を知ることができる貴重な機会です。
メガパン先生の講義を受けたい方は、ぜひ「はり師・きゅう師」の体験に参加ください!

 

◆鍼灸学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ea

◆体験入学のお申込みはこちら

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

「確認テスト」導入

今年度から、ほぼすべての授業で「確認テスト」を実施しています
その授業内容の確認を毎回することで、知識の定着を狙っています

 

テストテストテスト・・・

テストのない学校ってないんですかね、という学生のみなさんの気持ちはすごくよく分かります
結論から言うとそんな学校はないんですねぇ。

正直、作問する先生たちも大変なんです・・・

 「テスト」とは「試す」こと。
 自分があるべき姿を保っているかどうかを確認すること。
 そのためには、あるべき姿をしっかりと自分で確立する必要があります。

 「テスト」を通して職業人としての自覚が育っていくのです。
(一夜漬けなんていう勉強方法はもってのほか)

確認テストは成績評価には含まれませんが、導入前と比べて学生のみなさんの集中力が増したような気が?
本試験もがんばってね。

教務部 務臺

 

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

実践看護学科Ⅰ 11期生の戴灯式が執り行われました

みなさん、こんにちは。

新型コロナウィルスが厳しい状況ではありますが、感染対策を十分に行い5月7日実践看護学科Ⅰ11期生の戴灯式が執り行われました。

例年2学年に進級した5月頃に行い、臨地実習を迎えますが、11期生は新型コロナウィルスの影響により2020年度は行えず1年越しの戴灯式となり、今回の戴灯式は臨地実習開始後となりました。

看護の臨地実習は、看護職者が行う実践の場に学生が入り、看護職者としてケアを行います。学内の学習の統合を図り、看護方法を習得します。学生は対象に向けて看護行為を行う中で学内にて学んだものを検証し、より一層理解を深める場であります。

一部臨地実習に行けないこともありましたが、学内で教員、学生同士で対象理解を深めました。そしていくつかの臨地実習を経験し対象と関わり看護を行ったことで、理解を深めることができたと思います。また、医療従事者としての自覚、責任の重さを再認識するものになったのではないでしょうか。

今後、医療に携わり看護を行っていく中で、壁や障害にぶつかることや感動、悲しみ、また悔しさを感じることもあります。その時々で初心に帰り、そして戴灯式を思い出すことで強い意志、決意を新たに頑張ってほしいと思います。

今なお新型コロナウィルスによる厳しい情勢が続いていますが、日々感染対策を十分に行い、困難なことにも対応できる看護師となるよう学問に励み一緒に頑張っていきましょう。

高度専門士看護学科 乾

 

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp