実習報告書完成!!

14_0425_WS_01_1712みなさん、こんにちは!

先日実習報告会の記事を書きましたが、ついに報告書が完成しました。
報告会から随分日が経っていますが、
発表後も学生はコツコツ内容を校正して提出してくれました。

「推敲」という故事がありますが、きっと言葉や表現のひとつひとつを
読んでは直し、読んでは直し...と仕上げてきたんだろうな。

こうして形になると実習中に現場で感じた思いがまたこみ上げてくるのかな?

数年後...
今度は実習生を現場で迎える立場になったとき、実習記録とこの報告書をぜひ読み直して欲しいですね。
目の前にいる実習生がなぜ悩んでいるのか、なぜ悔しい思いをしているのか...
経験しているからこそわかることってきっとありますよね。

卒業生を社会福祉士の「〇〇先生」と呼ぶ日を心待ちにしつつ...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした

気づきから始まること...

14_0322_WS_01_1712『田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける(山部赤人)』

みなさん,こんにちは
今日は万葉集の一首から...

今朝、何気なく窓の外を見たら白く光るものがキラリ!
“あれっ?”と思い確認したら富士山でした。

常々、学生には「気づくこと」「興味関心をもつこと」が大切だと話をしていますが、いくつになっても新しい発見は心地よいものですね(*^o^*)

地上50階のコクーンタワーですが、富士山は都庁の影に入ってしまい
普段の生活では見かけることがなかったんです。
でも、ふとした瞬間の“あれ?”という気づきがきっかけで始まることってあるんですよね。

今日はいいことあるなと信じつつ...¢(^^*)首都医校 社会福祉学科・教官の有賀でした。
あれっ!?「今日は」...「今日も」......ふむ~っ...

兵どもが夢の跡...そしてはじまりへ

14_0319_WS_01_1712みなさんこんにちは!

今朝,袴姿の学生さんを新宿駅で見かけました。
首都医校の卒業式は27日(木)ですのでまだちょっと先ですね。

いつもにぎわっていた教室から学生がいなくなると見慣れた景色もちょっと儚げ...
国試前のカリカリ鉛筆の音が響いていた頃が懐かしい。
一年間、共に過ごした仲間たちもそれぞれ選んだ道に向かって歩き始める。
当たり前のことだし、毎年のことなんですが...
それでも学生がいなくなった教室にいると寂しさがこみ上げてくるのは
教員の性でしょうか(T_T)

...と感傷に浸ってもいたいのですが、新年度準備に追われる毎日。
入学生の皆さん,準備万端お待ちしております!

もちろん,卒業生のみなさんもたまには学校に顔を出してくださいね。

今日は誰が来るかなと思いを巡らせながら...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした

合格発表!

14_0314_WS_01_17123月14日...この日をどんなに待ち望んでいたことか。

そう、今日はホワイトデー、今日はπの日(円周率の3.14に起因するらしい)...
じゃなくて、社会福祉士国家試験の合格発表日です。

14時に会場、HP上で合格者の受験番号が開示されるんです。
厚生労働省や試験センターまで掲示を見に行く学生もいるんだとか。
学生曰く、「こんな機会でもないと行く機会もないので(笑)」だとか。

パソコンを前にして...どきどき......どきどき.........
時計の針が14時をさしたと同時に試験センターのHPへGo!!
アクセスが集中しすぎて開かん(TへT)...再チャレンジ!
......あったあった!!

合格した皆さん、“おめでとう!!”そしてよく頑張りました!!

一番の報告は誰からかなぁ?と待ちながら、このブログを書いてます¢(^^*)

首都医校 社会福祉学科・教官の有賀でした。

実習報告会を行いました!

14_0307_WS_01_1712みなさんこんにちは!

「光陰矢のごとし」とはよく言うもので...あっという間の一年間。
1年前,ここにいる誰が今日の自分の姿を想像できたでしょうか?

3/5(水)・6(木)の2日間,社会福祉学科では実習報告会を開催しました。

高齢者,障がい,病院...それぞれの実習先での経験を
自分の言葉で発表する姿はとても頼もしく見えました。

何より,実習先で「できたこと」「やってきたこと」を報告するだけではなく,
「今の自分に欠けているものは何か」を自らに問う姿にプロ魂!を感じます。

昨年の4月にここ首都医校社会福祉学科に入学した仲間は
この春,卒業してそれぞれが掴み取った自分の道へと歩みはじめます。

学生の勇躍する姿を想いながら...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした。