サッカースペインA代表の専属トレーナー ファン・ムロ氏が学生たちに直接指導 スーパースターを支える技術を伝授

2019年12月20日(金)医療・福祉・スポーツ業界の各分野で活躍する医療人を育成する首都医校・大阪医専・名古屋医専は、レアル・マドリードで19年間活動し、現在は世界最高峰のチームであるサッカースペインA代表の専属トレーナーを務めるファン・ムロ氏をお招きし、日本初の特別講義を行いました!!

ファン・ムロ氏は、1996年~2015年の間デビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドなどスーパースターたちが所属していた時代にレアル・マドリードの専属トレーナーとして活動し、現在は日本では“無敵艦隊”の愛称で呼ばれるサッカースペインA代表の専属トレーナーとして数々の有名選手たちをサポートしているエキスパートです。

講義では、選手がケガをした際の具体的な治療方法を教えていただきました。例えば、レアル・マドリードは1人の選手がケガをしたとき、メディカルチーム全員でサポートをします。すぐにケガを直すことを求められるなか、チーム全員で協力をし、様々な視点でアプローチをして、よりベストな状態で復帰できるようサポートをするとのことです。

講演後には、学生からレアル・マドリード時代の話やトップレベルの選手たちとの関わり方について質問がありました。ファン・ムロ氏は「プロの世界で活躍し続けるには、アスリートのために環境づくりをし、大きな信頼を得ることが大事だ」と話し、28年間のトレーナー経験を通して培ってきたコミュニケーション力・継続した学習・ヒアリング能力が最も重要であることを伝えていました。

今回の講義で学生たちは、海外のトップチームを支える専属トレーナーから直接アドバイスをいただき、幅広い視野を身につけ、実践力や即戦力を培うことへのモチベーションに繋がる良い機会となりました。

本学では、より幅広い視野を身につけるために、各分野で輝かしい実績を築かれた世界的権威を招いてのトップ・オピニオン・リーダー(T.O.L.)講義を実施しています。今後も医療の真のエキスパートを育てるべく、現代医療の礎を築いた特別講師たちから得た知識や技術を活かし、現場で活きる確かな力を身につける教育に取り組んでいきます。

日本初!!サッカー スペインA代表トレーナー特別講義

サッカー スペインA代表のトレーナーとして活動している『ファン・ムロ』氏に来ていただき首都医校で特別講義をしていただくこととなりました!

ファン氏が日本に来られるのは初めてとのことで経歴はこちらになります。

サッカー スペインA代表トレーナー(2016~現在)

レアル・マドリード19年間(1996~2015)

ロシアW杯 スペイン代表 帯同

フランスW杯 クロアチア代表 帯同(ベスト4)

 

レアル・マドリードとは言わずと知れた世界一のサッカークラブチームであり、現在所属されているスペイン代表は最新のFIFAランキングで「8位」のチームです

(日本のFIFAランキングは「28位」)

 

写真の通り、クリスティアーノ・ロナウド選手だけでなく他の有名選手とも関わっております!

 

海外トップレベルのトレーナーから直接指導を受け、幅広い視野を身につけて将来現場で活かせる”実践力”や”即戦力”を培うことを目的とした首都医校ならではの講義です。

近年のトッププレーヤーの話や海外トップレベルのトレーナー技術を直接伝授します!

 

こちらの講義の詳細は後程改めてUPさせていただきますので、是非お楽しみしていてください!

 

◆首都医校への個別相談、学校見学の予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

◆お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp

 

 

 

業界説明会が行われました(東京都柔道整復師会)

先日、公益社団法人東京都柔道整復師会常務理事の金子茂雄先生と浜口高史先生を講師にお迎えし、業界説明会が実施されました。

【これから柔整師となる皆さんへ~公益社団法人の使命~あなたの「夢」の実現に向かって地域社会との「絆」を結び、この国の「未来」を守るため私たちは絶対にあきらめない】

というテーマのもと90分間に亘りご講演頂きました。

柔道整復師の歴史・活躍の場・接骨院で保険を取り扱うには(仕組み)・柔道整復師会の役割・・等々、最前線でご活躍されている先生から通常の授業だけでは学ぶことのできない多くのことを教わりました。

講演に出席した3年生(最高学年)は熱心に耳を傾けており、教えていただいたことを胸に刻み、3月に控えた国家試験向けて気を引き締めて頑張ってください!!