臨床工学学科 特別講義を実施しました

本学では即戦力の医療人を育成するため、現場で活躍されている方にお越しいただき、講義していただく「特別講義」の授業を実施しております。

 

今回は国立国際医療研究センター病院 臨床工学技士長 深谷先生』より

 

・チーム医療はどのように起動しているのか

・臨床工学技士の歴史と役割

・コロナウイルス感染者への対応

 

などについてお話していただきました。

 

 

とても興味深い内容で、学生たちも改めて「チーム医療の大切さ」や「臨床工学技士として何ができるか」といった点が再認識されたかと思います。

 

12月もあっという間に半分過ぎてしまいましたね。

学生たちはこれから国家試験に向けて追い込みの時期です。

 

体調管理をしっかりして頑張ってください!!

 

本学では臨床工学学科の募集を実施しております。

現代の医療で欠かせない存在です!

 

・臨床工学技士とは?

・医療機器とは?

・どのような勉強をするのか?

 

などにつきましても個別相談や体験入学でご説明させていただきます。

オンラインでもご案内させていただいておりますので是非ご参加ください。

 

■ガイダンス予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

■臨床工学学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cm

 

■臨床工学技士特科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cz

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

救急救命学科 特別講義を実施しました!

みなさん ・・・ 『CBRN』 という言葉、聞いたことありますか?

 

こちらは「シーバーン」といい、

 

C → 化学(chemical)

B → 生物(biological)

R → 放射性物質(radiological)

N → 核(nuclear)

 

これらによって発生した災害を「CBRN災害」と呼ばれております。

 

今回、日興技化株式会社の中村様にお越しいただき、「CBRN災害と初動対応」に関する講義をしていただきました。

 

 

内容はとても興味深く、お伝えしたいことは多々あるのですがその中でも「初動の大切さ」というものを学ばせていただきました。

 

傷病者にいち早く駆けつける救命士。

的確な初動を起こすためには正確な情報収集と知識が必要であるということ。

 

学生たちも熱心に聞いております。

 

 

本学では”即戦力”の救急救命士を育成するため実技の授業だけでなく、外部講師をお招きした授業も実施しております。

 

また、救急救命学科について深くお知りになりたい方は11月15日(日)の体験入学にぜひお越しください!

学科教員や先輩学生ともお話し、学生生活をイメージしてみませんか?

 

◆体験入学 https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

◆救急救命学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ce

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

 

ふらふら日記@スペシャルゼミ第2弾!

みなさん,こんにちは

本日は,スペシャルゼミ第弾!についてのご報告

立教大学大学院客員教授 稲葉 剛 氏 を講師にお迎えして
貧困の現場から社会を変えるソーシャルワーク
をテーマにご講演いただきました。

稲葉先生は路上生活者を中心とする

生活困窮者の相談・支援に長く取り組まれていらっしゃいます。

このブログの読者の中にも
自立生活サポートセンター・もやいやビッグイシュー,つくろい東京ファンドの

活動について見聞きしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

お話は,そもそも稲葉先生がホームレス支援に携わっていくきっかけから,

新宿駅西口地下ダンボール村の強制排除

リーマンショックによる派遣切り

コロナ禍における休業要請による

新たな課題へと...

 

つくろい東京ファンドによる「住宅支援」の説明の中で,
住む人がいない「空き家問題」と,住む家がない人への「住宅支援」とを
クロスさせて新たな社会資源をつくりあげていったというお話に,
写真を撮ることも忘れて聴き入ってしまいましたσ(^^;

 

貧困をめぐる「生活保護」「貧困ビジネス」についても問題提起がありましたが,
参加した学生たちにとって「貧困」問題はどう映ったのかな

 

さっそく『路上脱出・生活SOSガイド』を読み始める
...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした

ふらふら日記@スペシャルゼミ

みなさん,こんにちは!

今日は,過日催されたスペシャルゼミについてご報告です。

NPO法人日本障害者協議会代表 藤井克徳 氏 を講師にお迎えして
「障害のある人の実体と問われる社会」をテーマにご講演いただきました。

日常生活の中で「障害がある」ことを理由に起こる生きづらさについて
プラス・コロナでの生活・災害,津久井やまゆり園での事件,
省庁での障害者雇用水増し問題などから解説いただきました。

社会福祉の実践において大切な

「知ること」

「伝えること」

「動くこと」...

そして,現在・過去・未来という「時間軸」を大切にというお話は,
私も胸が熱くなりました。
「差別の対義語は『無関心』である」とのお言葉に,
学生も「学ぶことの意味」を感じ取ることができたのではないでしょうか

「Nothing About us without us

 (私たち抜きに私たちのことを決めないで)」

自立生活運動,そして障害者権利条約の策定過程においてスローガンとなった
障害のある人たちが発したこの言葉を
これから福祉を実践しようとする学生はどのように感じているのかな

学生からの感想を楽しみに待ちながら...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした

◆社会福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ws

 

◆入学相談、イベント参加ご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

10/1より高校3年生の推薦入試、および高校既卒者の

一般入試出願受付を開始しました。

※高校3年生の一般入試出願受付は11/1~

コロナウイルス感染拡大の影響により

オンラインでの一般入試も実施いたします。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

特別講義ー「プロチームを支えるトレーナー技術」

10/3(土)アスレティックトレーナー学科が実習でお世話になっている

ラグビートップリーグ “クボタ スピアーズ” でヘッドトレーナーを務める

吉田一郎先生によるスペシャルゼミが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田先生がトレーナーとして活動を始めた30年前と、現在とでは

トレーナーに求められる役割が大きく変化しており、

治療だけではなく多岐に渡る知識・技術コミュニケーション能力

チームや選手のマネジメントを行うことが必要であることを

ご自身の経験を踏まえてお話しいただきました。

 

また、スポーツマッサージの基礎に関する実技の講義も行われ

将来スポーツ分野での活躍を目指す学生たちが熱心に聞き入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように首都医校のスペシャルゼミでは各分野を知り尽くし、

数々の実績を築き上げた業界トップの専門家が直接指導し

教科書からだけでは学ぶことができない最新の動向をキャッチできる

実践的な授業を行っています。

 

【アスレティックトレーナー学科】

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ha

 

10/17(土)13:00~は体験入学を行います。

首都医校の教育環境をぜひご自身の目で確かめてください。

 

◆イベント申込はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

10/1より高校3年生の推薦入試、および高校既卒者の

一般入試出願受付を開始しました。

※高校3年生の一般入試出願受付は11/1~

コロナウイルス感染拡大の影響により

オンラインでの一般入試も実施いたします。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

特別講義 -看護師という生き方-

先日9月4日(金)、

高度看護専門士学科・高度看護保健学科・実践看護学科Ⅰ・Ⅱの学生を対象とした特別講義が行われました

今回の講師は、看護師であり、長年に渡り公演活動を行われている宮子あずさ先生です

今回のテーマは

「看護師という生き方 たくましい看護師に育ってほしい」

看護師として働くうえで辛いことは多々あるものの、どうすればそれを乗り越えられるかというお話です。

講演の最後には、実習に出る学生たちに対し、患者さんから学ぶものは大きいというアドバイスを頂戴しました。

臨床実習に出るまであとわずかの学生たちは、宮子先生の研究と臨床経験に基づいた貴重なお話に耳を傾け、看護師としての自覚を深めることができました。

本学ではこのように、定期的にスペシャリストをお招きして講義をして頂いています。

看護師としての理想像を早期に確立することで、国家試験へのモチベーションも高まっていきます

 

■高度専門士看護学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

■高度看護保健学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

■実践看護学科Ⅰ・Ⅱ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

 

遠方の方や来校に不安がある方には

オンラインでの相談会も実施しております。

 

■オンライン相談会のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

現在、AO入試を実施しておりますが

コロナウイルス感染拡大の影響により

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

歯科衛生学科 ゲストスピーカー

今回お招きしたのは、歯科衛生学科2期生の黒木優美子さん。

 

卒業後マロ・クリニック東京にて歯科衛生士として

インプラント治療を中心とした業務に取り組んでおられます

先輩歯科衛生士の岡本陽子さんにもお越しいただきました。

 

今回の講義では

『現在のお仕事内容』

『国家試験に向けた勉強について』

『学生時代に勉強しておけばよかったこと』

などをお話いただきました。

 

首都医校の先輩からお話をいただくことで、

より国家試験について、自分たちの将来の仕事について

イメージできた学生も多かったようです

 

 

首都医校の歯科衛生学科では黒木さんのように

卒業後歯科医療現場で即戦力として活躍できる

歯科衛生士を育成しています

 

■歯科衛生学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/dh

 

遠方の方や来校に不安がある方には

オンラインでの相談会も実施しております。

 

■オンライン相談会のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

現在、AO入試を実施しておりますが

コロナウイルス感染拡大の影響により

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

サッカースペインA代表の専属トレーナー ファン・ムロ氏が学生たちに直接指導 スーパースターを支える技術を伝授

2019年12月20日(金)医療・福祉・スポーツ業界の各分野で活躍する医療人を育成する首都医校・大阪医専・名古屋医専は、レアル・マドリードで19年間活動し、現在は世界最高峰のチームであるサッカースペインA代表の専属トレーナーを務めるファン・ムロ氏をお招きし、日本初の特別講義を行いました!!

ファン・ムロ氏は、1996年~2015年の間デビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドなどスーパースターたちが所属していた時代にレアル・マドリードの専属トレーナーとして活動し、現在は日本では“無敵艦隊”の愛称で呼ばれるサッカースペインA代表の専属トレーナーとして数々の有名選手たちをサポートしているエキスパートです。

講義では、選手がケガをした際の具体的な治療方法を教えていただきました。例えば、レアル・マドリードは1人の選手がケガをしたとき、メディカルチーム全員でサポートをします。すぐにケガを直すことを求められるなか、チーム全員で協力をし、様々な視点でアプローチをして、よりベストな状態で復帰できるようサポートをするとのことです。

講演後には、学生からレアル・マドリード時代の話やトップレベルの選手たちとの関わり方について質問がありました。ファン・ムロ氏は「プロの世界で活躍し続けるには、アスリートのために環境づくりをし、大きな信頼を得ることが大事だ」と話し、28年間のトレーナー経験を通して培ってきたコミュニケーション力・継続した学習・ヒアリング能力が最も重要であることを伝えていました。

今回の講義で学生たちは、海外のトップチームを支える専属トレーナーから直接アドバイスをいただき、幅広い視野を身につけ、実践力や即戦力を培うことへのモチベーションに繋がる良い機会となりました。

本学では、より幅広い視野を身につけるために、各分野で輝かしい実績を築かれた世界的権威を招いてのトップ・オピニオン・リーダー(T.O.L.)講義を実施しています。今後も医療の真のエキスパートを育てるべく、現代医療の礎を築いた特別講師たちから得た知識や技術を活かし、現場で活きる確かな力を身につける教育に取り組んでいきます。

日本初!!サッカー スペインA代表トレーナー特別講義

サッカー スペインA代表のトレーナーとして活動している『ファン・ムロ』氏に来ていただき首都医校で特別講義をしていただくこととなりました!

ファン氏が日本に来られるのは初めてとのことで経歴はこちらになります。

サッカー スペインA代表トレーナー(2016~現在)

レアル・マドリード19年間(1996~2015)

ロシアW杯 スペイン代表 帯同

フランスW杯 クロアチア代表 帯同(ベスト4)

 

レアル・マドリードとは言わずと知れた世界一のサッカークラブチームであり、現在所属されているスペイン代表は最新のFIFAランキングで「8位」のチームです

(日本のFIFAランキングは「28位」)

 

写真の通り、クリスティアーノ・ロナウド選手だけでなく他の有名選手とも関わっております!

 

海外トップレベルのトレーナーから直接指導を受け、幅広い視野を身につけて将来現場で活かせる”実践力”や”即戦力”を培うことを目的とした首都医校ならではの講義です。

近年のトッププレーヤーの話や海外トップレベルのトレーナー技術を直接伝授します!

 

こちらの講義の詳細は後程改めてUPさせていただきますので、是非お楽しみしていてください!

 

◆首都医校への個別相談、学校見学の予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

◆お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp

 

 

 

業界説明会が行われました(東京都柔道整復師会)

先日、公益社団法人東京都柔道整復師会常務理事の金子茂雄先生と浜口高史先生を講師にお迎えし、業界説明会が実施されました。

【これから柔整師となる皆さんへ~公益社団法人の使命~あなたの「夢」の実現に向かって地域社会との「絆」を結び、この国の「未来」を守るため私たちは絶対にあきらめない】

というテーマのもと90分間に亘りご講演頂きました。

柔道整復師の歴史・活躍の場・接骨院で保険を取り扱うには(仕組み)・柔道整復師会の役割・・等々、最前線でご活躍されている先生から通常の授業だけでは学ぶことのできない多くのことを教わりました。

講演に出席した3年生(最高学年)は熱心に耳を傾けており、教えていただいたことを胸に刻み、3月に控えた国家試験向けて気を引き締めて頑張ってください!!