救命救急学科が『救命シュミレーション公開訓練』を実施しました!

救急救命学科2年生による『救命シミュレーション公開訓練』が行われました。

この実習授業は、学生たちの日々の鍛練の成果を一般の方々に見ていただきながら、日常で考えられる救命場面を想定し、学生の救急隊チームが出動から救急救命処置、傷病者の病院搬送など、チームワークをもとに迅速な救急活動を発表します。

当日、保護者を含む外部の方々が見ているとあって、学生たちは少々緊張気味でしたが、本番では凛々しい掛け声に合わせ、これまで身につけた知識・技術を堂々と発揮していました。

首都医校では体験入学・学校説明会・個別相談など、様々なイベントをコクーンタワーにて開催しております。

学校見学・入学相談は毎日実施。
目的や予定に合わせて気軽にご参加ください!

インターネットや電話にて予約可能です!

■お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp
HP   https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

ご参加をお待ちしております!!

「未来の治療家」応援マガジン”CURE STAR MAGAZINE”に柔道整復学科が掲載!!

毎月発行されている「未来の治療家」応援マガジン”CURE STAR MAGAZINE 12月創刊号”の表紙は現在Jリーグで大活躍中の浦和レッズ「牧野智章 選手」です!

その雑誌に柔道整復学科が掲載されました!

テーマは「僕たちの原点」

コクーンタワーの最上階である50階にて、柔道整復学科の教官、在校生、卒業生を交えてそれぞれの「夢」について熱く語り合っております。

本紙は各高校学校、大学、専門学校にございますので是非ご覧ください!!

≪理学療法学科≫第1回 入学前準備講座を行いました

理学療法学科では、新入生が入学後の勉学及び学園生活をスムーズに始められるよう準備することを目的に、入学前準備講座を開催致しました。

今回は教官の坂井先生より「解剖学~骨の名前を覚えよう~」という講座が行われました。

人間は200種類以上の骨で構成されております。

「ここの骨はどういう形をしているのか」「名前の由来は何なのか」などを説明した後、骨模型を使って確認していきます。

在校生もお手伝いに来てくれました

このように照らし合わせていきます

在校生と話しながら90分間の講座はあっという間に終了し、合格者からは「先輩が丁寧に教えてくれて入学後が楽しみです」「初めての学ぶ分野でしたがとても分かりやすかった」などの感想が寄せられました。

首都医校では毎日校舎見学・学校案内を実施しておりますが

11月10日(土)・・・学科別説明会
11月23日(金・祝)・・・体験入学

学科の先生と直接話ができるイベントも予定しております

みなさまのご参加をお待ちしております!!

歯科衛生学科 臨床実習前のセレモニー「登院式」が行われました

「登院式」とは、学生が現場での実習に臨む前に、職業に対する意識を高め、
またその責任の重さを自覚するための儀式です

まずは学校長による「登院許可宣言」から始まります。

次に学生が臨床実習で身につけるネームプレートの授与
気持ちが引き締まりますね!!!

1年生よりお祝いの言葉が送られ・・・

登院生代表より「誓いの言葉」も述べられました

2年生のみなさん、これからまた頑張ってください!!

そして、受入れ施設の関係者の皆さま、ご協力いただく関係者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

<学校長による「登院許可宣言」>

大輪の華(精神保健福祉学科)

夏休みも終わり、精神保健福祉学科はいよいよ一回目の実習が始まります。 前期に授業で学んだことを、実習先で自分の耳や体で感じとり、確認をし、 新たな課題を見出し、自分の進むべき道を改めて考える機会になって欲しいと 思います。

先日地元の花火大会に行きました。尺玉やスターマイン、それぞれ個性ある 大輪を夜空に咲かせていました。一瞬を彩る花火の美しさもありますが、 学生には国家試験合格、そしてその先にある就職と、一生散ることのない 人生における大輪を咲かせてほしいと、心より願いました。

夏休み明けには全員が元気な笑顔を見せてくれました。
これからの半年、実習や模擬試験、就職活動・・・前期にもましてタイトな 日々が続きますが、体調にだけは万全を期して頑張ってほしいです。

17_0822_wp_2003

スタートダッシュ

新学期が始まりました!

言語聴覚学科の1年生、がんばっています。
毎日のように4コマ、5コマと授業が続いて、「いっぱいいっぱい…」とつぶやきながらも「楽しいです!」と笑顔で言えるエネルギー!すごい。
クラス中が最後まで顔を挙げて、授業を食い入るように聞いています。
ノートもカリカリよく書きます。
新鮮で、大変なんだけどおもしろいんだそうです。

そして、2年生。やはり貫禄が出てきた気がします。
落ち着いていて、専門用語も会話に挟んだりして。
先週までお世話されてばかりだった(ように見えていた)学生が、自然に1年生のお世話をしていたりして、歩く速さまで速くなって。笑顔に余裕。
一味違うなという感じがします。

今年もこれからが本番。
山あり谷あり、ただでは済まない1年間なのは間違いないですが、
みんな体にだけは気をつけて、この1年を、それぞれの目標めがけて乗り切っていきましょう。

特別講義

作業学科での「特別講義」を行いました。

山本先生の特別講義です。

作業療法の世界の面白さや深さをお話しいただきました。

どの学生も真剣に耳を傾けて話を聞いていました。

対象者の方としっかり向き合える作業療法士になってください!
とのあつ~~いメッセージでした (^^)

山本先生、ありがとうございました。

教官 岩本

DSC_0126

DSC_0093