≪理学療法学科≫第1回 入学前準備講座を行いました

理学療法学科では、新入生が入学後の勉学及び学園生活をスムーズに始められるよう準備することを目的に、入学前準備講座を開催致しました。

今回は教官の坂井先生より「解剖学~骨の名前を覚えよう~」という講座が行われました。

人間は200種類以上の骨で構成されております。

「ここの骨はどういう形をしているのか」「名前の由来は何なのか」などを説明した後、骨模型を使って確認していきます。

在校生もお手伝いに来てくれました

このように照らし合わせていきます

在校生と話しながら90分間の講座はあっという間に終了し、合格者からは「先輩が丁寧に教えてくれて入学後が楽しみです」「初めての学ぶ分野でしたがとても分かりやすかった」などの感想が寄せられました。

首都医校では毎日校舎見学・学校案内を実施しておりますが

11月10日(土)・・・学科別説明会
11月23日(金・祝)・・・体験入学

学科の先生と直接話ができるイベントも予定しております

みなさまのご参加をお待ちしております!!

歯科衛生学科 臨床実習前のセレモニー「登院式」が行われました

「登院式」とは、学生が現場での実習に臨む前に、職業に対する意識を高め、
またその責任の重さを自覚するための儀式です

まずは学校長による「登院許可宣言」から始まります。

次に学生が臨床実習で身につけるネームプレートの授与
気持ちが引き締まりますね!!!

1年生よりお祝いの言葉が送られ・・・

登院生代表より「誓いの言葉」も述べられました

2年生のみなさん、これからまた頑張ってください!!

そして、受入れ施設の関係者の皆さま、ご協力いただく関係者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

<学校長による「登院許可宣言」>

あと少し!(介護福祉学科)

みなさんこんにちは。

12月に入り、すっかり街中はクリスマスの準備。
この時期はなんだかそわそわした雰囲気がありますね。

さて、介護福祉学科の1年生は11月から始まった実習も残すところあと数日になりました。

6月の基礎実習をもとに、より個別のケアを学ぶ今回の実習。
一人の方を理解することの難しさを感じながら皆一生懸命取り組んでいます。

上手くできなかった経験も、しっかり振り返ることでよい学びに変わっているようです。

帰ってきたみんながどんな表情・姿を見せるのか今から楽しみです。

残りの実習もあと少し!
一年生、がんばれ~!!!

専門職だから伝えられること・・・

こんにちは。

すっかり木々も赤や黄色の葉で色づき、季節の移り変わりを感じる季節になりましたね。

さて、みなさんは「地域包括支援センター」という言葉を聞いたことはありますか?
聞いたことはあるけど、よく知らない・・・。という方も多いのではないでしょうか。

「地域包括支援センター」は、”高齢者の相談窓口”という役割があります。
地域で生活をする方を支える私たちにとって、協力する相手を知るということは大切な事。

ただ、知識として入っていてもその場でどのようなことが起き、各専門職がどう対応しているのか、教科書だけではイメージを膨らませるのも難しいものです。

そこで、今回は「地域包括支援センター」で働いている方を招き講義をしていただきました。

想像の話しではなく、実際にあった出来事をもとにどのような支援ができるのかを考えることで、よりグループワークも活発に!

各専門職だから伝えられる言葉に、学生も真剣に耳を傾けていました。

次回はどんな専門職のお話が聞けるのか・・・。
その様子をお伝えします。お楽しみに!

 

大輪の華(精神保健福祉学科)

夏休みも終わり、精神保健福祉学科はいよいよ一回目の実習が始まります。 前期に授業で学んだことを、実習先で自分の耳や体で感じとり、確認をし、 新たな課題を見出し、自分の進むべき道を改めて考える機会になって欲しいと 思います。

先日地元の花火大会に行きました。尺玉やスターマイン、それぞれ個性ある 大輪を夜空に咲かせていました。一瞬を彩る花火の美しさもありますが、 学生には国家試験合格、そしてその先にある就職と、一生散ることのない 人生における大輪を咲かせてほしいと、心より願いました。

夏休み明けには全員が元気な笑顔を見せてくれました。
これからの半年、実習や模擬試験、就職活動・・・前期にもましてタイトな 日々が続きますが、体調にだけは万全を期して頑張ってほしいです。

17_0822_wp_2003

スタートダッシュ

新学期が始まりました!

言語聴覚学科の1年生、がんばっています。
毎日のように4コマ、5コマと授業が続いて、「いっぱいいっぱい…」とつぶやきながらも「楽しいです!」と笑顔で言えるエネルギー!すごい。
クラス中が最後まで顔を挙げて、授業を食い入るように聞いています。
ノートもカリカリよく書きます。
新鮮で、大変なんだけどおもしろいんだそうです。

そして、2年生。やはり貫禄が出てきた気がします。
落ち着いていて、専門用語も会話に挟んだりして。
先週までお世話されてばかりだった(ように見えていた)学生が、自然に1年生のお世話をしていたりして、歩く速さまで速くなって。笑顔に余裕。
一味違うなという感じがします。

今年もこれからが本番。
山あり谷あり、ただでは済まない1年間なのは間違いないですが、
みんな体にだけは気をつけて、この1年を、それぞれの目標めがけて乗り切っていきましょう。

特別講義

作業学科での「特別講義」を行いました。

山本先生の特別講義です。

作業療法の世界の面白さや深さをお話しいただきました。

どの学生も真剣に耳を傾けて話を聞いていました。

対象者の方としっかり向き合える作業療法士になってください!
とのあつ~~いメッセージでした (^^)

山本先生、ありがとうございました。

教官 岩本

DSC_0126

DSC_0093