デンタルリンス

こんにちは。
歯科衛生学科・教官の山崎です。

今回は、デンタルリンスについてお話ししようと思います。

皆さん、デンタルリンスやマウスウォッシュと呼ばれるものを使ったことはあるでしょうか。
その時、どんな使い方をしていたか、ちょっと思い出してみてください。

口に含んで、漱いで、吐き出す・・・という感じでしょうか。

実は、デンタルリンスやマウスウォッシュと呼ばれる商品をよく見ると、「液体ハミガキ」や「洗口液」と書かれているのをご存知でしょうか。
この二つ、見た目も似ていますし、口に含んだ時の味や爽快感も似ているので混同されがちですが、使用法が全く異なるものなのです。

普段、歯磨きをするときにはチューブに入った練りハミガキを使っている方が多いと思います。
歯磨きの時に使う練りハミガキやハミガキ粉などを「歯磨剤(しまざい)」と言います。

「液体ハミガキ」は歯磨剤の一種なので、
口に含んで、漱いで、吐き出す・・・という使い方は正しい使い方ではありません。
口に含んで、漱いで、歯ブラシで歯磨きをする。
というのが正しい使い方になります。
商品にもよりますが、一般的には歯磨き後に水でお口を漱ぎます。

そして、「洗口剤」は
口に含んで、漱いで、吐き出し、その後は水で口を漱がない。
という使い方をします。
「洗口液」を含んだら、軽くくちゅくちゅとするだけでなく、20~30秒間しっかりと漱ぎます。
歯磨剤を用いて歯磨きをした後に「洗口剤」を使用するのが最も効果的な使用法です。
「洗口剤」はあくまで清掃の補助で、歯磨きの代わりにはなりませんので、面倒くさいからと言って「洗口剤」を使っただけで歯磨きをサボらないようにご注意を。

お手持ちのデンタルリンスやマウスウォッシュをよく見て、自分が持っているのが「液体ハミガキ」なのか「洗口液」なのかチェックしてみてくださいね。そして、正しい使い方で、効果的な口腔ケアをおこないましょう!

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

“口腔の健康”と“全身の健康”

こんにちは。
歯科衛生学科の山崎です。

「歯科」と言うと、口の中ばかりを見て、むし歯や歯周病といった口の中の病気を治療したり予防したりしているイメージがあるかもしれません。しかしながら、“口腔の健康”は“全身の健康”と大変深い関わりがあるのをご存知でしょうか。
今回は、“口腔の健康”と“全身の健康”について少しお話したいと思います。

15_0908_DH_01_2003平成25年人口動態統計 月報年計(概数)の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai13/

人口動態統計によると、がん(悪性新生物)、心疾患、肺炎が現在の死因のトップ3となっています。
2011年に脳血管障害を抜いて肺炎が死因のトップ3に入りました。
そして、肺炎の中でも「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」が特に多いと言われています。

「誤嚥性肺炎」は高齢者に多くみられる肺炎で、口の中の細菌が唾液や胃液とともに肺へ流れ込むことで生じます。
そして、この「誤嚥性肺炎」は歯科衛生士の専門的な口腔ケアを受けることにより予防できることが分かっています。
下のグラフは、専門的な口腔ケアを受けた人と、受けなかった人を比較しています。

15_0908_DH_02_2003口腔ケアと誤嚥性肺炎予防
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsg1987/16/1/16_3/_pdf

体のほんの小さな一部分である口。
こんな小さな一部分ばかりを見ているように思われがちですが、私たち歯科衛生士はこの小さな口から全身の健康を守っているのです。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

歯科衛生士の年齢別人数

こんにちは。
歯科衛生学科の山崎です。

学校説明会や体験入学で来校された方に、
「歯科衛生士さんって若い人ばかりですよね。」
と言われることがよくあります。

皆さんのイメージはどうでしょうか。
今回は、実際にどんな年齢層の歯科衛生士が働いているのか見ていきましょう。

15_0831_DH_01_2003

データ引用元:
厚生労働省
平成26年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/14/

このグラフを見ていただくと分かるように、
20代~50代以上の歯科衛生士もたくさん活躍しています。

歯科衛生士は、年齢に関係なく活躍できる仕事なんですね。

私自身が歯科衛生士を目指す学生だった時にも
さまざまな年齢のクラスメイトがいました。
高校卒業してすぐに入学してきた10代の子はもちろん、
30代、40代のクラスメイトも珍しくはありませんでした。
私自身も歯科衛生士専門学校へ入学したのは20代です。
新卒でも、年齢に関係なく就職に困ることはありません。

いろいろな年齢の人がクラスにいるというのも高校までにはあまり経験しないことですが、専門学校では同じ資格、同じ仕事を目指している仲間たちですから、年齢で壁ができてしまうというようなことはありません。

私が同じクラスで学んだ友人たち、中には20歳以上年の離れた友人もいますが、
今では仕事の相談をしたり、勉強をしたり、お互いに刺激しあう特別な存在ですよ。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

8月の学校説明会

こんにちは。
歯科衛生学科・教官の山崎です。

近頃は、少し暑さがやわらいで過ごしやすい日が続いていますね。

8月22日は新設学科説明会、8月23日には体験入学を開催しましたので、その様子をご紹介します。

15_0824_DH_01_2003

歯科衛生士の仕事内容や仕事の魅力はもちろん、学生が実際に使う教科書や器材を自由に触っていただき、学校生活をよりリアルにイメージしていただけるように努めています。

15_0824_DH_02_2003

8月29日(土)と8月30日(日)も二日連続で新設学科説明会を開催する予定です。
皆様のご来校をお待ちしております。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

体験入学

こんにちは。
首都医校歯科衛生学科・教官の山崎です。

7月19日(日)に行われた首都医校の体験入学、たくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございました。

今回、歯科衛生学科の体験入学では、「歯みがき圧指導器」という器械を使って、どれくらいの力で歯みがきをしているのかを測定しました。
こんな器械です。

15_0721_DH_01_2003

正しい歯みがき圧は200gと言われています。
力が弱すぎると十分に歯垢を取り除くことができず、逆に強すぎると歯肉を傷つけてしまい「歯肉退縮(歯ぐきが下がる)」を起こしてしまいます。
歯みがきをすればそれでいい・・・という訳ではないんですね。
不適切な歯みがきをする事でかえって健康を害してしまう事もあるのです。

歯科衛生学科の体験入学にご参加いただいた方には、首都医校オリジナル歯ブラシを差し上げています。
私たち歯科衛生士がオススメする形の歯ブラシです。

15_0721_DH_02_2003

7月中の体験入学は終了してしまいましたが、8月9日(日)も体験入学を実施します。
(この日も参加者には歯ブラシをプレゼントしますね!)
興味のある方は是非ご参加ください!

首都医校の体験入学では、他の学科や他の医療職種を紹介する時間も設けております。
歯科衛生学科ではなく、他の学科の体験入学にいらした方でも、歯みがきの悩みがあったらお気軽に私たちにお尋ねください!

また、7月26日(日)には新設学科説明会も実施。新設学科の特長や仕事の魅力、首都医校でのキャンパスライフもわかる説明会です。こちらもぜひ参加ください!

歯科衛生士の三大業務③~歯科保健指導~

こんにちは。
首都医校歯科衛生学科・教官の山崎です。

歯科衛生士の三大業務の最後のひとつ、歯科保健指導について今回は紹介いたします。

15_0714_DH_01_1803

歯科保健指導とは、健康に良い生活習慣を身につけられるように指導をしていくことです。

例えば、むし歯や歯周病を予防するために、歯磨きをすることはとても大切です。
どんなタイミングで、どんな風に、どんな道具を使って歯磨きをするのか、なぜ歯磨きが必要なのか、ということを説明します。

歯磨きの重要性を知ることで「歯磨きをがんばらなくちゃ!」という気持ちになったり、「こんな風に歯磨きすると、磨き残しが少なくなるよって言われたな。」と考えながら歯磨きをするようになったりしますよね。

このように、むし歯や歯周病を防ぐために、より健康的な行動をとるように患者さんに知識をお伝えすることが、歯科保健指導です。

歯科保健指導は、1対1で行う場合もありますが、小学校や保育園、または母親教室など、集団の前で行うこともあります。

小学生のときに、学校で歯を赤く染めて、皆で歯磨きについて勉強をしたことはありませんか?

そう、それも歯科衛生士のお仕事なんですね。

歯科衛生士の学校では、こんなお仕事をできるようになるために、正しい歯磨きの方法や歯磨きの道具についてしっかり勉強していきます。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

歯科衛生士の三大業務②~歯科診療補助~

こんにちは。
首都医校歯科衛生学科・教官の山崎です。

前回は、歯科衛生士の三大業務のうち、歯科予防処置についてお話しました。
今回からは、歯科診療補助について説明していきます。

15_0709_DH_(4)01_1912

歯科診療補助は、診療をスムーズに行えるように、歯科医師の指示のもと医療行為を行うお仕事です。

業務範囲はとても幅広く、歯科衛生士の経験や能力によってもできる事、できない事がかわってきますが、例えば、歯型をとったり、お口の中の検査をしたり、治療中に器具の受け渡しをしたり、お口の中が水で溢れてしまわないように唾やお水を吸い取ったり、これらを歯科診療補助と呼んでいます。

よく、「歯科助手さんも歯科診療の補助をしているよね?」と質問されることもありますが、歯科衛生士の免許を持たない歯科助手さんが患者さんのお口の中に触れる行為を行うことはできないのです。歯科診療補助は医療行為なので、必ず資格を持った人が行います。例えば、治療の前に患者さんをご案内する、エプロンをかけるといった資格を持たない人が行えるサポートを「歯科診療の介助(かいじょ)」と呼び区別されています。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

歯科衛生士の三大業務①~歯科予防処置~

こんにちは。
首都医校歯科衛生学科・教官の山崎です。

前回、歯科衛生士には三大業務というものがありますよ、というお話をしました。
今回からは、ひとつひとつの業務について詳しく説明していきたいと思います。

では、ひとつめ、「歯科予防処置」について見ていきましょう。

15_0707_DH_(3)_1912

歯科予防処置とは、むし歯や歯周病などのお口の中の病気を予防するお仕事です。

これまでに、皆さんは、歯科医院へ行って、歯垢や歯石などを取り除いてもらった経験はありませんか?
これが、歯科予防処置にあたります。
歯垢や歯石は、むし歯や歯周病の原因になります。ですから、それを取り除くことによって、むし歯や歯周病を予防しようとしているのですね。

また、子どもの時に、歯科医院へ行って、歯にフッ素を塗ってもらったことはありませんか?
フッ素を塗ることで、むし歯ができにくくなります。
これも、歯科予防処置のひとつなんですよ。

それでは、このへんで。
次回は「歯科診療補助」のお話です。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

歯科衛生士の仕事って?

こんにちは。
4月開校予定の首都医校歯科衛生学科・教官の山崎です。

皆さん、歯科衛生士ってどんな仕事をしている人たちか知っていますか?
歯科医院で働いている人たちを見たことはあるけれど、具体的に何をやっているのかよく知らないという人も多いかと思います。
今回は、歯科衛生士のお仕事についてご紹介していきます。

15_0702_DH_01_1912

歯科衛生士には「三大業務」というものがあります。

1、歯科予防処置
2、歯科診療補助
3、歯科保健指導

これら3つを「歯科衛生士の三大業務」と呼んでいます。
次回から、3回に分けて、ひとつひとつどんな業務を行っていくのか具体的に紹介していきますのでお楽しみに!

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

首都医校に歯科医療学部が登場!

こんにちは。
首都医校の教官、歯科衛生士の山崎です。

さまざまな医療系の学科を持つ首都医校に、ついに歯科衛生士と歯科助手を養成する「歯科医療学部」が誕生します。
現在、2016年4月開校を目指して準備中です!

体験入学や学校説明会などのイベントも毎月おこなっておりますので、学校の様子を見に、是非いらしてください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

eisei

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら