臨床工学学科 卒業生紹介

臨床工学学科の卒業生を紹介させていただきます。

 

柏原綾香さん(臨床工学技士)

 

彼女は臨床工学学科を卒業し、総合病院にて”透析業務”や”心臓カテーテル検査””治療やペースメーカ植込み術”に携わっていました。

 

現在はなんと、首都医校の教員として学生たちに”透析”や”機械の仕組み”などを教えております

 

 

 

今回はそんな柏原先生にインタビューさせていただきました

 

・首都医校に入学しようと思った理由を教えてください。

首都医校への入学を決めた理由としては大きく2つあります。1つ目は学校の保証制度です。「国家資格合格保証制度」「完全就職保証制度」「生涯バックアップシステム」といった国家試験や就職に対して学校が徹底的にサポートをしてくれる心強さはとても魅力的でした。また卒業後に転職や再就職をする場合にも、学校側のフォローがあるのはとても頼もしいことだと思います。

2つ目の理由は通学の利便性です。新宿駅西口から徒歩3分、地下道で直結しており雨が降っても濡れることなく登校できます。また新宿駅は多くの路線が使用できる駅で、特に小田急線や京王線の沿線は他大学の学生も多く住んでおり一人暮らしをするにはちょうど良いと思います。乗り換えなしで通学できることは魅力の一つであると思います。

 

・勉強に苦労した箇所をどのように克服しましたか?

分からないことはその場で解決する”ということを心がけていました。授業中に解決できなかったことはその日のうちに教務室へ行き先生に教わり解決してから帰るようにしていました。復習をしていてわからないところがでてきたら、翌朝先生に聞きに行っていました。どうしても覚えなければいけない用語や公式は、英語の単語帳のようにしたりひたすら紙に書いたりして覚えました。

 

それでは最後に柏原先生よりメッセージをいただいております。

こちらをご覧ください ↓ ↓ ↓

 

首都医校では7月18日(土)7月25日(土)体験入学を予定しております。

 

・どのようなカリキュラムなのか

・医療と工学の勉強は難しくないか

 

など、不安な点を教員に直接聞いて解消しましょう!!

みなさまのご参加、お待ちしております!

 

◆体験入学の予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

◆臨床工学学科(4年制:卒業時『高度専門士』付与)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cm

◆臨床工学技士特科(1年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cz

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

【オンライン学校見学3】看護学実習室の紹介(青)

今回は青の実習室についてご紹介します

6月からは学校に登校し、実習室を使った演習が始まりました。

動画のベッドメイキングもこちらの実習室を使用します。

教官同士息のあったベッドメイキングの様子をぜひご覧ください。

 

7月18日(土)体験入学のお知らせ

7月18日の体験入学では、これまでにご紹介した

看護学実習室を使って、首都医校の授業を体験できます。

 

実際の授業の様子は?

どんな先生がいるのか不安。。。

学校全体の雰囲気はどんな感じか?

皆様の不安を解消にぜひ一度ご来校ください

↓ご予約はこちらから↓

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/21097

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

心電図について

こんにちは。臨床工学学科教官の柏原です。

 

皆さん、健康診断でおそらく心電図をとったことがあるかと思います。

心臓は微弱な電気信号を元に収縮しており、その電気信号の電位を測定し図にしたものが心電図です。

 

 

これが心電計の本体です。

両手と両足、さらに胸部に6つの電極を装着します。

       

 

両手、両足はこのようなクリップ型のものを挟むものと、電極がついたシールを貼るものがあります。

 

 

 

 

胸部に使用する電極はこのような吸盤型のものや、手足の電極と同様に電極がついたシールを貼るものがあります。

 

心電図は両手と両足、胸部の定められた位置に電極を装着することで測定ができ、心臓のさまざまな情報を得ることができます。

 

臨床工学学科では、心電計の構造や波形の成り立ち、胸部電極の装着位置、心電図の読み方 などを勉強します。

 

実際に学生同士で心電図を貼り合い心電図を測定する実習も行います。

 

臨床工学技士は他にも「人工呼吸器」や「ECMO」等にも関わっており、非常に注目されている職種です。

 

・どのようなことを学ぶのか

・どのようなところで働くのか

・実習室を見てみたい

 

など、興味がある方は学校説明会や体験入学にお越しください。

 

■体験入学、学校説明会のご予約はコチラ

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

(学費や入試についてもご説明いたします。)

 

■臨床工学学科(4年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cm

 

■臨床工学技士特科(1年制)

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cz

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

【オンライン学校見学1】看護師を目指すみなさんへ

6月1日~高校生のAO入試エントリーがついに始まります

 

入試エントリー前に学校の様子が見てみたい

授業はどういうものだろう

 

そのような皆様の声にお答えて、看護師を目指す方に向け首都医校で学ぶこと、

実習室の様子をご紹介します

ぜひご覧ください

      

 

こちらの動画は今後もUPしていきますので、次回をお楽しみに。

 

◆AO入試のエントリー(WEB出願)はこちら

http://e-apply.jp/e/mode/

 

◆現在はコロナウイルス感染症の拡大に伴い、スマートフォンひとつで行える

オンライン相談」を実施しております。

お申込みをお待ちしております。

お申し込みはコチラ⇒https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

学費や入試についてもご説明いたします。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

 

むし歯リスクチェック

あなたの周りに、むし歯がない人はいますか?

本学でアシスタントスタッフを務める学生2人はむし歯が1本もないとのこと

どうしてなのか?その2人に「むし歯リスクチェック」を受けてもらいました。

この「むし歯リスクチェック」は歯科衛生士が患者さんの歯磨き指導を行う際に使うものです。歯科衛生士とは、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。

ピンク色のユニフォームを着ているのは歯科衛生学科の先生です。

手順は簡単

唾液(つば)をスポイトで採る。

専用のテストシートに唾液をつける。

15分待つ

 

この3ステップで口の中にいるむし歯菌のおおよその数から、虫歯になるかもしれないリスクを調べられるのです。

15分待ち…

チェックを受けたアシスタントスタッフ2人の結果は「青(LOW)」。

むし歯菌が少なく、むし歯になりにくいことがわかりました

 

お子様から高齢者まで幅広い年代のお口の健康を支える歯科衛生士。

首都医校では最新機器を導入した実習室で、最高の技術をあなたのものにすることができます

さぁ、先ずはその目で確かめに、私たちに会いに来てみませんか。お待ちしています。

◆歯科衛生学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/dh

 

◆現在はコロナウイルス感染症の拡大に伴い、スマートフォンひとつで行える

オンライン相談」を実施しております。

お申込みをお待ちしております。

お申し込みはコチラ⇒https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

看護学科・臨床工学学科の合同授業

本校の4年制看護学科の「高度専門士看護学科」と「臨床工学学科」との合同授業にお邪魔しました。

 

1年生と2年生の合同授業ということもあり、互いの職種を理解できる貴重な機会に学生たちは目を輝かせながら説明を聞いております

 

患者様をベッドに運び、輸液投与や採血、心電図測定などそれぞれの職種が連携し合いながら動き、、、

  

このように胸骨圧迫も行います!

 

合同授業での内容は1月22日(水)に予定されている『未来創造展』にてお見せします!!

みなさまのご来場、お待ちしております。

 

◆未来創造展

https://www.iko.ac.jp/tokyo/campuslife/ms

 

また、1月19日(日)は体験入学を予定しており各学科の先生の授業を受けることができます。

・どのような勉強をするのか

・就職は大丈夫か

などの疑問がお持ちであれば体験入学に参加して解決しましょう!

 

◆体験授業の予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆高度専門士看護学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆臨床工学学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/cm

 

◆お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp

救急救命学科『救命シミュレーション公開訓練』

救急救命学科2年生による『救命シミュレーション公開訓練』が行われました。

一般の方々を招待し、学生たちの鍛練の成果を見ていただきながら、様々な救命場面を想定した訓練を行う内容です。

学生の救急隊チームの出動、救急救命処置、傷病者の病院搬送など、様々なシチュエーションを学生たちで考え、チームワークを発揮して迅速な救急活動を発表しました。

    

 

入学した時は新しいことを学ぶことに追いつくのが大変そうでしたが、1年が経過し救命士として成長していると感じました。

国家試験まであと1年!!

引き続き頑張ってくださいね!

 

1月19日(日)は体験入学を予定しており、このイベントでは学科教員による体験授業もございます。

・救急救命士なるには?

・首都医校ではどのような教育がされるのか?

などの疑問がございましたら是非ご参加いただき、疑問点を解消していきましょう!

 

◆体験入学・オープンキャンパスの予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆救急救命学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ce

 

◆お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp

 

柔道整復学科の授業見学

柔道整復学科(夜間部2年生)の治療院実習にお邪魔しました。

治療院実習では学生が実践的な経験を積むため校内の教職員を中心に

問診 → 電気療法 → 温熱療法 → 手技療法 を行います。

腰の痛みや肩の痛みなど症状は様々ですが今回は足を捻挫してしまった方の対処について学生たちは熱心に学んでいました。

先生が超音波の機械について説明しており学生たちは興味深々です!!

こちらは治療院の内観になります。

 

12月15日(日)は体験入学を予定しており、このイベントでは治療院を使って学科教員による体験授業もございます。

・柔道整復師とはどんな仕事なのか?

・独立開業でどうすればできるのか?

・スポーツにも関わることはできるのか?

などの疑問がございましたら是非ご参加いただき、疑問点を解消していきましょう!

 

◆体験入学・オープンキャンパスの予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆柔道整復学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ej

 

◆お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp

歯科衛生学科の授業見学

歯科衛生学科(昼間部1年生)の授業を見学させていただきました。

歯型をとるためには「印象材」という材料を使うのですが

様々な種類がある中でゴム質印象材というものを使った講義と実習を行いました。

 

 

学生たちは四苦八苦しながらも一生懸命歯型を作成しております。

 

12月15日(日)体験入学を予定しており、このイベントでは学科教員による体験授業もございます。

・実習先や実習スケジュールを詳しく知りたい

・施設、設備を見学したい

などの疑問がございましたら是非ご参加いただき、疑問点を解消していきましょう!

 

◆体験入学・オープンキャンパスの予約はこちらから

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

◆歯科衛生学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/dh

◆お問合せ先(首都医校入学相談室)
電話  03-3346-3000
メール nyugaku@shuto.iko.ac.jp