壁面装飾作品(入学用)

SN3N0027こんにちは。介護福祉学科 鈴木です。

先日卒業した学科メンバーが作った「壁面装飾」です。

7日に入学してくる後輩たちのために、残してくれました。

明るく楽しい環境を設定する。
福祉に大切な概念です。

授業課題では、こんなことをしているんですよ。

SN3N0028

新入生が心を留めてくれるといいなあ・・・

卒業式

14_0327_WA_01_1903こんにちは。

介護福祉学科 
2年間担任をした鈴木です。

ジェットコースターのような2年間を頑張り抜いた自慢の学生たちが、胸を張って卒業しました。

本当によくがんばったなあ・・・

大変すぎて色々あった分、今、母のような気持ちで卒業式を迎えました。

たくさん壁を乗り越えて頑張った分、輝かしい未来が待っているはず。

14_0327_WA_02_1903

4月からは、私たち教官が直接関わることのできない
利用者さん、子どもたち、そしてそれぞれのご家族をよろしく頼みます!

いいですか! 頼みましたよ!

湿っぽいのはキライ。だから笑顔で見送りたいと思います。

卒業、本当におめでとう !!

修了式

14_0324_WA_01_1712こんにちは。介護福祉学科 教官の田中です。

本日は修了式、学科長より精勤賞・皆勤賞の授与です。

遅刻、欠席をしないということは、社会人になってからも重要なことですよね。


さて、授与された学生たちにとって今年度はどのような1年だったでしょうか、感想を聞いてみました。

Iさん・Nさん「高校と違い、専門的な科目が多いので勉強するうちにもっと学びたいという意欲がわきました!」

Sさん「学生の年齢層に幅があるので色んな年齢の人と交流ができ、同じ年代では学べないことを学ぶことができました」

Kさん「大変なこともありましたが、楽しい1年でした!」
14_0324_WA_02_1712
14_0324_WA_03_1712学生たちの言葉や表情からは、充実した1年だったという雰囲気が良く伝わってきました。

教官としてはホッとひと安心です。

来年度も学生一人ひとりが充実した学生生活を送ることができるよう願っています。

卒業発表会③

14_0320_WA_01_1712 差し替え用こんにちは。介護福祉学科 教官の田中です。

いよいよ発表会当日です。

歌いながら身振り手振りを加えて楽しむ手遊びは、観に来てくださった方々も一緒に行い、楽しんでいただきました。

絵本の読み聞かせは、観客にも絵が観えるようスクリーンに大きく映し出しました。

直前にキャスト変更を余儀なくされるというハプニングもありましたが、当日の堂々とした表情や舞台上でキラキラと輝く学生たちの姿には、終始胸が熱くなりました。

本番を成功させることはもちろんですが、重要なのは当日までのプロセス。

学生たちの心には福祉職に就く者として大切にすべきことがしっかり根付いたと感じています。

今回の経験が今後、様々な場面で生かされることを期待しています。
14_0320_WA_02_1712  差し替え用

卒業発表会②

14_0313_WA_01_1712こんにちは。首都医校 介護福祉学科 教官の田中です。

今回は卒業発表会の中身をご紹介します。

「卒業」というだけに2年生がメインですが、1年生も参加しています。

絵本の読み聞かせ、劇、身体表現を学年ごとに発表します。

身体表現というのは音楽のイメージを身体全体で表現するもので、お遊戯やダンスとは少し異なります。

学生たちはこの身体表現を作り上げるのが最も苦労したのではなかと思います。

曲に合ったテーマを決め、動きを考えていく。

言葉のない世界、どのように表現すればその曲の雰囲気や楽しさが伝わるのか。

時には「もう、全然わかんない!」という声も聞こえてきましたが、練習と修正を重ね、ストリー性のある作品に仕上がりました。

本番が近づくにつれネガティブな発言はなくなり、「絶対に成功させるんだ」という熱意に変わりました。

そして当日、彼等の気持ちはひとつに…
14_0317_WA_02_1712

卒業発表会①

14_0307_WA_01_1712はじめまして、介護福祉学科 教官の田中です。

これから授業や行事などの様子をたくさんお届けしてまいります。

さて、早速ですが3月8日(土)は学生主体の大きなイベント「卒業発表会」が行われます。

2年間の学びの集大成として、劇や身体表現、絵本の読み聞かせを発表します。

プログラムの内容や演制作物などは全て学生同士で決め、準備を進めています。

授業や実習で忙しい傍ら、声を掛け合いながら集まる時間を作り、試行錯誤を重ね少しずつ形になってきました。

本番まであとわずか、日に日に学生たちの緊張感や焦りは増していますが、彼等ならきっと大丈夫!と私たち教官は信じています。