卒業生と会ってきました。

14_0320_EA_01_1712鍼灸学科教員 江頭 至光です。

先日、卒業生の森田君、いや森田先生と会って来ました。

治療しているところを見てきましたが、取穴の速さはさすがでした。
なかなかツボが取れずに時間が掛かる新卒者が多い中、本校で厳しく指導されていたため、正確にツボが取れていました。

教員としては“よしよし”って感じ(笑)。

鍼施術も本校の臨床実習で使用している良導絡のER鍼を用いて、短時間で効果を出していました。すごいね。

卒業して2年もしていれば当たり前かも知れませんが、病院内で他のコメディカルと協力しながら頑張っていました。


14_0320_EA_02_1712
森田先生によると、今はペインクリニック科に所属して、1日平均20人の施術を行っているそうです。
ER鍼を使えるようになって卒業したこと、約1年間の臨床実習を経験したことで、素早く臨床に付くことが出来たと、本校を卒業したことを喜んでくれていました。

コクーンタワーと東洋医学

14_0311_EA_01_1712こんにちは。首都医校 鍼灸学科教官の亀谷です。
私たち鍼灸学科は伝統的な療法である東洋医学と、科学に基づいた西洋医学の両面を勉強しています。
古から継承されてきた東洋医学を、新宿を代表する近代的な建築物であるコクーンタワー内で勉強するというのは、なんとも面白い話だと思いませんか。
近代的と伝統的、西洋医学と東洋医学、対極的な要素と常に向き合うのが鍼灸学
科なのです。

授業風景

14_0310_EA_01_1712みなさん、こんにちは。鍼灸学科教官の大村です。
鍼灸学科の最初のブログはやはり授業風景でしょう。
これは13年度最後の実技の授業です。
いま良導絡という治療法をやってます。


治療家役の生徒は本日の患者役生徒の主訴に基づき治療方針・治療穴を決めます。
そして施術にかかります。
現在2年生の生徒は自主的に治療できるまでになってきました。
来年度は最終学年として臨床実習に取り組みます。
とっても楽しみですね。