【スペシャルゼミ】東京都看護協会 大橋理事より『4年制教育の重要性』について講義をしていただきました

現在、疾病構造の変化や少子超高齢社会の進展など医療をめぐる状況は大きく変わり、また医療・介護提供体制も大きく変化しようとしています。

また、看護師基礎教育で必要な単位数は2022年度より現行の97単位から102単位に引き上げられます

 

その中で、これからの社会・医療に対応できる看護師を育成できるよう『4年制教育の重要性』について大橋理事よりお話をいただきました。

 

 

「いま、社会から看護に向けられている期待と基礎教育の現状」や「看護基礎教育制度改革の動向」など、普段の講義では聞くことのできない話を聞かせていただき90分間があっという間に過ぎていきました。

 

・4年間という期間を活かし、多くの事を学び、実習を経験し即戦力の医療人を目指したい

・自分が今後どのように学びを深めたら良いかを考える機会となった

・4年制は実習時間を伸ばし、より専門性の高い知識を身につけることができると改めて認識できた。与えられた時間を最大限に活用し、実践能力を身につけたい。

 

などの感想をいただき、看護師を目指すという気持ちをより一層高めることができました。

 

大橋理事、ありがとうございました。

 

首都医校では7月11日(日)、17日(土)に体験入学を予定しております。

学科教員や学生の話を直接聞くことができますので、この機会にご理解を深めてみるのはいかがでしょうか。

みなさまのご参加、お待ちしております。

 

■体験入学

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

■高度看護学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

■高度看護保健学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

ふらふら日記@見学実習そのⅡ

みなさん,こんにちは!

梅雨空が続く毎日ですが...いかがお過ごしですか?
そろそろ青空が恋しいですねぇ ヾ(TT*)

先日、見学実習で「東京都児童相談センター」を訪問しました。
そのご報告を...と続けたいのですが,
私は他学科での講義があり参加できなかったので...¢(TT*)うぅぅっ
学生の感想をご紹介o(゜゜*≡*。。)o

>>>>>

職員のお話から
センターが都内の児相職員の研修を行うなど,児相の中核的な役割を担っていることや,実際の面談では幼い子どももいるので,集中して話ができる環境づくりや,思い出したくない場面の語りは1回限りで面接を終わらせる努力をしていることを知った。

センターの見学を通して
相談室の他にも様々な設備があり,福祉・心理・医学など多角的な視点で児童のサポートができる体制が整っていることが分かった。

<<<<<

児童領域に進路を定めている学生だけではなく,
「子ども」を取り巻く福祉や環境は社会の耳目を集めているだけに,
参加した学生一人ひとりにはそれぞれの気づきや思いが生まれたんだろうな。

期末試験も近いけど,みんなからの話が聴きたい...¢(^^*)有賀でした

>>>>>

日々の業務に加え,コロナ禍での感染予防対策等でお忙しい中
見学実習をお受けいただきましたセンターのみなさまに,
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

■首都医校の社会福祉学科は昼間1年制であり、専門実践教育訓練給付金の対象講座となります。

 

また、7月11日(日)、17日(土)は体験入学を予定しております。

学科教員より社会福祉学科について詳しくご案内させていただくイベントとなりますのでこの機会にご理解を深めてみるのはいかがでしょうか。みなさまのご参加、お待ちしております。

■体験入学

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

■社会福祉学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ws

7/17(土)体験入学にアーティスト専門鍼灸師 メガパン先生の来校が決定!

7/17(土)の体験入学に、本学特別講師のメガパン先生こと、野田先生が来校します

数々のアーティストを支える鍼灸師として、音楽シーンでも大活躍するメガパン先生。どのようにして仕事をしているのか、アーティスト専門鍼灸師になるには何が必要なのかなど…、『音楽×鍼灸』新たな活躍の場を知ることができる貴重な機会です。
メガパン先生の講義を受けたい方は、ぜひ「はり師・きゅう師」の体験に参加ください!

 

◆鍼灸学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ea

◆体験入学のお申込みはこちら

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

ふらふら日記@おかえりなさい

みなさん,こんにちは

今日は「ゲストスピーカー」の取り組みについてご紹介(^^♪

ゲストスピーカーとは,第一線でお仕事をされている卒業生を招いて
「お仕事のこと」「学生生活のこと」「実習や国試に向けて」...
等々を学生にお話ししていただく活動です。

一年課程の社会福祉士学科には,ちょっとした「こんな時は先輩に...」と
話を聴くことができる先輩がいないのでとても貴重な時間なんです(゜▽゜*)

今年度は,児童相談所でお仕事をしている石川さんをお招きして,
事前に学生から出たアンケートにもお答えいただきながらお話しいただきました。

卒業してから現職について2年目ということで,
コロナ禍での一年間のお仕事を振り返りながら語っていただいた経験は
学生一人ひとりにどう伝わったのかな。。。

学生から出てくる質問にも一つひとつ丁寧にお答えいただきまして,
本当にありがとうございましたm(__)m

大変なことも多いお仕事ではありますが,
お話にあったように「自分なりに楽しさ」を見つけながら
これからも「健康第一!」でお仕事も顔晴ってくださいね!

卒業生の笑顔に元気をもらった...¢(^^*)社会福祉士学科の有賀でした

校外学習の一環で都立松沢病院へ

みなさんこんにちは

先日、精神保健福祉士学科の校外学習の一環で、東京都立松沢病院にある日本精神医学資料館に行ってきました。日本の精神保健医療福祉の歴史については、学生が精神保健福祉士を目指すうえでとても大切な項目になるため、教科書を中心に各先生方が、自己の経験なども含め、丁寧に授業の中で伝えてきました。とはいえ授業を通して知識や理解を深めても、実際に資料館を訪れ、自分の目で、自分の耳で、自分の肌で感じ取り、資料館スタッフから解説をしていただくことは、座学としての授業では感じ取れない、あるいは教員からでは伝えきれないものを学び取る貴重な時間だと考えています。

 

コロナ禍にあって、学校生活だけではなく日常生活においても、多くの制限を強いられている中、校外で行われる見学学習に、多少なりとも解放感や気晴らし的な要素も含まれ、学生にはリラックスした、教室では見ることのできない普段とは違った表情をうかがい知ることができました。それでも資料館スタッフの解説に耳を傾け、展示されている資料に興味津々といった表情で見入っている姿を見ると、改めて校外学習の重要さを感じたりしました。

 

また、今回は就職担当の教員にも同行してもらいました。普段は就職ガイダンスルームで顔を合わすばかりですが、見学の行き帰りなど、雑談を交えて会話をする等、就職担当教員との関係構築にも繋がっていたようでした。

 

見学を終えて資料館スタッフにあいさつをする時の学生の態度を見て、今回の校外学習が実り多きものであったことを感じました。

 

首都医校では入学後に担任の先生が“2人”付くこととなります。1名は「学科の担任教員」でもう1名は「就職担当の先生」です。国家資格の取得と就職の両面をサポートさせていただいておりますので、サポートの詳細につきましては「体験入学」や「個別相談」にてご案内させていただきます。みなさまのご来校、お待ちしております。

◆体験入学のご予約はコチラ(5/29(土)、6/13(日)、6/27(日))

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

 

◆精神保健福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wp

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

2021年度TVCM 先行公開

3月上旬 寒さがまだ残る早朝、

学生・教官の協力の元 首都医校の新CMの撮影を行いました

 

 

2021年度TVCM「だから、実践主義。」篇

本日より首都医校のWEBサイトにて先行公開中!

https://www.iko.ac.jp/tokyo

CM楽曲は、今大注目の若手アーティスト #Vaundy の新曲!

 

03 05 001

TVCMのオンエアは4/16から!お楽しみに!

 

◆入学相談、イベント参加ご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

 

 

 

 

3月28日 体験入学のお知らせ

今週末は首都医校の体験入学

高2生からのお問い合わせ・ご予約非常に増えています。

◆新年のスタートダッシュが肝心!

◆高校3年生になる前に参加しよう!

◆医療・リハビリ・看護・福祉・スポーツの仕事を学んで進路を決めよう!!

 

大事な進路を決める前に、気になる職種を体験してみませんか?

お友達や保護者の同伴も増えています!

※当日は、席を離す、教職員スタッフはマスク着用など感染症対策に配慮しながら実施します。

◆ご予約は下記まで

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

ご予約お待ちしております

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

高度看護保健学科 就職ガイダンス

本日は高度看護保健学科3年生就職ガイダンスのご紹介です。

川崎市人事委員会事務局任用課係長 三ツ橋 愛 様
川崎市健康福祉局総務部庶務課労務・人材育成課 課長補佐 鈴木 千絵 様
両2名にお越しいただき 行政保健師の活動と、行政への就職について講義をいただきました。

実際の行政保健師よりお話を聞くことは、学生にとって得られるものが多かったと感じます。

 

2021年度も行政保健師を目指している学生がいます。

夢に向かって勉強も就職活動も引き続き頑張ろう

 

◆高度専門士看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

 

 

【2021年4月入学】一般入試 2次募集 受付中

首都医校では、2021年4月入学の一般入試の2次募集 願書受付中です。
”高校3年生”も”社会人”も”大学生”も、入学資格を満たすすべての方が対象です。

進路の不安や入学選考の疑問は

入試対策講座・個別相談に参加して直接質問しよう!

【入試対策講座】(オンラインでも開催)

2/6(土)・14(日)・20(土)
13:00~14:00
https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/26941
入試に直結!適性診断・面接・作文の対策をアドバイスします。
※学科ごとに定員になり次第締め切ります。

【個別相談/オンライン個別のご案内】

個別相談
オンライン個別
日程・時間が選べる!自分の都合に合せて相談できる。

 

○お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp

テレビ朝日スーパーJチャンネルにて取材の様子が放映されました

昨日(1/7)、テレビ朝日スーパーJチャンネルにて、

本学副校長の和田先生と、高度看護保健学科3年生の小川さん、加藤さんへの取材の様子が放映されました。

コロナ禍で奮闘する看護師の卵に関する内容です。

現在、テレビ朝日WEB版にて無料配信中!

ぜひコチラからご覧ください。 ※アーカイブ期間が決まっておりますのでお早めにご覧ください。

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

和田副校長

「医療体制は逼迫している状況。看護師が必要とされている部分がすごく大きい。感染に対してもそうですし、学んだことがたくさんあると思うので糧に頑張ってほしい」

 

小川さん

「現場での勉強が少し他の世代と比べると減ってしまう。感染対策では他の世代より密に学べていると思うので、そういう部分でしっかり学習していきたい」

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

首都医校では、感染予防対策を行いながら説明会を実施しております。

また、オンラインでの説明も行っておりますので、ぜひお申込み下さい。

各種イベント情報はコチラから!

 

○お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp