基礎看護学実習発表会

こんにちは
実践看護学科の渡部です。

10月1日に高度看護保健学科2年生、実践看護学科Ⅰ・Ⅱの2年生の『基礎看護学実習Ⅱ まとめの発表会』が行われました。
(実践看護学科Ⅱは夜間学科のため、夕方からクラスの学生のみで行われました)

1月の基礎Ⅰ実習以来の病院実習に、不安や緊張もあったと思います。また、コロナ禍であり、病院実習に行くにはクリアしなくてはいけない要件もありました。
学生たちは実習に行く前からこれまで以上に健康管理に気を付け、実習に臨みました。

高度看護保健学科の学生達は9日間を病院で、実践看護学科Ⅰの学生達は5日間を病院で実習させていただきました。
実践看護学科Ⅱの学生たちは、今回病院での実習は叶わず、全て学内での実習となりました。が、その分、学習や記録には力を入れて取り組みました。

今回の実習の1番の目的は『看護過程の展開』ではありますが、学内とは違い、実際の患者さんを受け持ったことで学生たちはそれぞれに得たものがあったようです(*^_^*)
もちろん、病院実習に行けなかった実践看護学科Ⅱの学生達も次の実習に向けて前向きな気持ちであります

2年生は後期も学内での授業が続き、年が明けたら2月からはいよいよそれぞれの専門領域の実習が始まります。
無事に基礎の実習が終了しましたが、ほっと息つく暇もありません。
勉強も実習も、これからが本番
頑張れ2年生

 

◆高度看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp