【スペシャルゼミ】東京都看護協会 大橋理事より『4年制教育の重要性』について講義をしていただきました

現在、疾病構造の変化や少子超高齢社会の進展など医療をめぐる状況は大きく変わり、また医療・介護提供体制も大きく変化しようとしています。

また、看護師基礎教育で必要な単位数は2022年度より現行の97単位から102単位に引き上げられます

 

その中で、これからの社会・医療に対応できる看護師を育成できるよう『4年制教育の重要性』について大橋理事よりお話をいただきました。

 

 

「いま、社会から看護に向けられている期待と基礎教育の現状」や「看護基礎教育制度改革の動向」など、普段の講義では聞くことのできない話を聞かせていただき90分間があっという間に過ぎていきました。

 

・4年間という期間を活かし、多くの事を学び、実習を経験し即戦力の医療人を目指したい

・自分が今後どのように学びを深めたら良いかを考える機会となった

・4年制は実習時間を伸ばし、より専門性の高い知識を身につけることができると改めて認識できた。与えられた時間を最大限に活用し、実践能力を身につけたい。

 

などの感想をいただき、看護師を目指すという気持ちをより一層高めることができました。

 

大橋理事、ありがとうございました。

 

首都医校では7月11日(日)、17日(土)に体験入学を予定しております。

学科教員や学生の話を直接聞くことができますので、この機会にご理解を深めてみるのはいかがでしょうか。

みなさまのご参加、お待ちしております。

 

■体験入学

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

■高度看護学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

■高度看護保健学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp