校外学習の一環で都立松沢病院へ

みなさんこんにちは

先日、精神保健福祉士学科の校外学習の一環で、東京都立松沢病院にある日本精神医学資料館に行ってきました。日本の精神保健医療福祉の歴史については、学生が精神保健福祉士を目指すうえでとても大切な項目になるため、教科書を中心に各先生方が、自己の経験なども含め、丁寧に授業の中で伝えてきました。とはいえ授業を通して知識や理解を深めても、実際に資料館を訪れ、自分の目で、自分の耳で、自分の肌で感じ取り、資料館スタッフから解説をしていただくことは、座学としての授業では感じ取れない、あるいは教員からでは伝えきれないものを学び取る貴重な時間だと考えています。

 

コロナ禍にあって、学校生活だけではなく日常生活においても、多くの制限を強いられている中、校外で行われる見学学習に、多少なりとも解放感や気晴らし的な要素も含まれ、学生にはリラックスした、教室では見ることのできない普段とは違った表情をうかがい知ることができました。それでも資料館スタッフの解説に耳を傾け、展示されている資料に興味津々といった表情で見入っている姿を見ると、改めて校外学習の重要さを感じたりしました。

 

また、今回は就職担当の教員にも同行してもらいました。普段は就職ガイダンスルームで顔を合わすばかりですが、見学の行き帰りなど、雑談を交えて会話をする等、就職担当教員との関係構築にも繋がっていたようでした。

 

見学を終えて資料館スタッフにあいさつをする時の学生の態度を見て、今回の校外学習が実り多きものであったことを感じました。

 

首都医校では入学後に担任の先生が“2人”付くこととなります。1名は「学科の担任教員」でもう1名は「就職担当の先生」です。国家資格の取得と就職の両面をサポートさせていただいておりますので、サポートの詳細につきましては「体験入学」や「個別相談」にてご案内させていただきます。みなさまのご来校、お待ちしております。

◆体験入学のご予約はコチラ(5/29(土)、6/13(日)、6/27(日))

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply/28669

 

◆精神保健福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/wp

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp