令和3年度 戴灯式

4月16日(金)に令和3年度の戴灯式が執り行われました。

昨年は各学科での戴灯式となりましたが、今年度は無事に4学科が一堂に会しての式を行うことができました

 

戴灯式は、看護の道を志す学生たちが、強い意志の灯が消えないように、そして決意を新たにするための式です。

担任から一人ずつ名前を呼ばれた戴灯生達は、ナイチンゲール像から灯火をいただきます。そして、各クラスの代表者が舞台上でナイチンゲール誓詩を唱えます。(コロナ禍であるため、全員では声を発することはできません。代表者がクラス全員分の決意を胸に、誓いの言葉を唱えました。)

私も学生時代はナイチンゲール誓詩を暗記するために、朝と夕方にクラス全員で教室で唱和したことを思い出しました。当時は『戴帽式』と言われ、ナースキャップをかぶせてもらう式でした。

時代と共に式の形が変わっても、また、自分が戴灯生という立場ではなく、教員という立場でも、いわゆる『初心に帰る』気持ちは変わらないものですね。

2年生の立派な立ち振る舞いに、とても感動した式でした。

厳かで幻想的な雰囲気の中で行われる式は、看護学生にとっては憧れであり、一大イベントではないでしょうか?この式を終えると、自然と気持ちが引き締まり、看護師資格取得への思いがより一層、強くなることと思います。

どのような状況であっても、志を忘れずに歩んで行ってもらいたいものです。

戴灯生の皆さんの、益々の成長が楽しみですね

実践看護学科Ⅰ 渡部

 

◆高度専門士看護学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ne

◆高度看護保健学科 https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nq

◆実践看護学科Ⅰ・Ⅱ https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/nrns

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 豊田/藤山/安田/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp