ふらふら日記@相談援助実習について

みなさん,こんにちは!

最近は「秋」を感じられるようになりましたね

 

そんな中,社会福祉学科の学生は現在実習中

社会福祉士を目指す学生が臨む実習を相談援助実習といいますが

配属される施設が

高齢者施設,

障害児・者施設,

児童養護施設,

母子生活支援施設,

病院...

と幅広く設定されているのが特徴です。

 

実習では何をするのか気になるところですが,

私はズバリ

先輩の背中を追いかけてきてください

と話しています。

 

今,自分たちが辿っている道を踏破し,

社会福祉士として活躍している先輩が目の前にいる!

そんな環境の中で,先輩の後ろから,横から,時には向き合いながら...

社会福祉士はクライエントと,職場の人たちと,地域と,社会と

何をしているのかを観察し,気付くことから実習は始まるんだろうなと思っています。

 

 

憧れ...から始まった社会福祉士への道も中間点!

憧れだけでは語れない「社会福祉士になる自分」とは?と自問自答する学生に

顔晴れ!」と...巡回指導の別れ際にかけるひと言を私は好んで使います。

西へ東へと巡回中の社会福祉学科の有賀でした...¢(^^*)

 

>>>>>
コロナ禍でご多忙な中,実習生を受け入れてくださっている実習施設

日々,学生指導に当たってくださる実習指導者のみなさん,

実習にかかわってくださる多くの方々に,心より感謝申し上げます。

 

◆社会福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ws

 

◆入学相談、イベント参加ご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

AO入試は残り1回

オンラインでのAO入試も実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp