柔道整復師が使う包帯の名前には、幅(サイズ)による法則がある??

↑ ↑ ↑

突然ですが、上の包帯は『3裂包帯』と言います。

 

 

 

 

なんで3裂というのでしょうか???

(ヒント : 下の写真を見て想像してみてください)

↓ ↓ ↓

 

 

 

ピンと来た人もいますかね・・・

 

 

 

包帯はもともと一反(さらし:お祭りなどでお腹に巻いたりする)を裂いて使っていました。

そのため包帯はさらしを半分に裂いた幅のものを2裂包帯、3分割した幅のものを3裂包帯と呼びます。

 

 

このように2裂包帯、3裂包帯、4裂包帯、5裂包帯、6裂包帯、8裂包帯の幅の包帯があります。

 

8裂包帯は指

6裂包帯は手首や足首

5裂包帯は足首や肘

4裂包帯は肘

3裂包帯は膝や肩等       を巻く際に使ったりします。

 

 

ブログを見てくれた人は、これで包帯の名前の法則はわかりましたね。

 

整形外科や整骨院で「3裂包帯」などと聞こえてきたら、一反を3分割した包帯だな!!っと首都医校のブログを思い出してみてくださいね。

 

首都医校柔道整復学科は「現場に出て差がつく」柔道整復師になれるよう教育を行っております。

 

・どのような先生がいるのか

・どういう授業をしているのか

・柔道整復師はどんな仕事なのか

 

などの疑問がございましたらいつでもお問い合わせ下さい。

 

オンラインでの相談会も実施しております。

 

■オンライン相談会のご予約

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

 

■柔道整復学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ej

 

現在、AO入試を実施しておりますがコロナウイルス感染拡大の影響よりオンラインでのAO入試を実施しております。

詳しくは入学相談室にお問い合わせ下さい。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp