改めて考える「ふ・く・し」

みなさん,こんにちは。

社会福祉士学科教官の有賀です。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に

罹らないための感染予防と

感染拡大防止のための心配りと気配り

マスク着用に手洗い・うがいと

咳エチケットを実践する毎日ですが,

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

私は,講義の中で「ふ・く・し」とは

だんの
らしを
あわせにする

 

ための思考と実践の学問だとお話しているのですが,

コロナ禍における「ふだんの くらし」とはなんなのか...

そして,今の社会における「しあわせ」とは何かについて

改めて考えさせられている今日この頃です。

 

「ウィズ コロナ」「ポスト コロナ」という言葉を

あちらこちらで見聞きしますが

そんな社会の中で社会福祉士として

どんな仕事をしてみたいですか?

そして,今...社会は社会福祉士

何を期待しているのでしょうか

そんなことを私たちと一緒に考えてみませんか?

 

コロナ退散を願いながら...

社会福祉士学科の有賀でした...¢(^^*)

 

私たちは医療・福祉現場,

私たちの日々の支えてくださっているみなさま

そして,顔晴る卒業生を心から尊敬し,応援しています

 

◆社会福祉士学科

https://www.iko.ac.jp/tokyo/course/ws

 

◆体験入学や学科説明会で詳しく話を聞いてみたい方

お申し込みはコチラ⇒https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

 

学費や入試についてもご説明いたします。

 

◆お問い合わせ

学校法人 日本教育財団 首都医校
担当者 黒谷/安田/藤山/次山
TEL:03-3346-3000
E-MAIL:nyugaku.tokyo@iko.ac.jp