平成最後の最高学年

3年生
昨年12月中旬に全ての講義と実習を終えて、国家試験対策が始まりました。夜遅くまで校舎に残り一生懸命勉強している姿や多くの教員に質問している姿に感心ました。国家試験も終わり合格発表までは、安心できませんが本当に皆さんよく頑張りました。

ハードスケジュールな3年生、国試直後から、臨床の最前線で活躍している認定看護師や専門看護師による講演の専攻コースⅠと成人・精神・母性・老健領域を実際に見学する専攻コースⅡさらに3年間の集大成を要約する看護観が終わりました。その看護観では、多くの学生が『寄り添う看護』をテーマにしている中、講演者らは、『その人らしさ・生命観・尊ぶ・相手と考える・感謝』といったヒューマニズムに富み、多くの教員が感銘を受けました。きっとこれなら、未来の看護師を担えると確信した瞬間でもありました。

努力した、苦しかった、楽しかった(?)3年間、本当にお疲れ様でした~羽ばたけ☆

皆さんの活躍を期待しております!!