日本良導絡自律神経学会全国大会in名古屋

今年も日本良導絡自律神経学会の全国大会に出席してきました。

大会は「筋・筋膜性腰痛と良導絡」をテーマに開催されました。
筋・筋膜は注目されている分野であり、筋・筋膜治療の代表である北原准教授によるIMS治療、筋・筋膜線の上田先生によるアナトミートレイン、本校講師の小田先生によるドライニードル、それぞれの先生による特別講演・シンポジウム・実技公開など、非常に勉強になりました。
ヒトは痛みがあると、防御反応のみならず、自律神経系や情動系にまで反応を起こし、日常生活動作や生活の質の低下につながってしまいます。そこで、鍼灸を用いて患者様のQOLの向上につなげるために、どのように治療して、どのようなゴールを目指すべきか、多くの先生からの提案がありました。

本校からは、現役学生や卒業生も参加しており、それぞれが鍼灸師となってからどのような治療を目指すべきかの指針ができたのではないかと思われます。
みんな、がんばろうぜ!!