即戦力となる救急救命士を目指して

超高層ビル街

新宿西口駅前に建つ首都医校の9階フロアに、救急救命学科の実習室がある。
ガラス張りの明るいこの部屋で学生たちは、未来の救急救命士を目指し日々実習に励んでいる。
4月に入学したばかりの1年生が、まだ実習服が完成しない中各々の私服に身を包み実習に励む姿は、逆に初々しくも感じる。

今日は、心肺蘇生法の実技試験。
心肺蘇生法は救急活動の基本の「き」。
一般市民にも広く普及し救命率・社会復帰率の向上を目指す中、救急救命士・救急隊員であれば当然より効果的な心肺蘇生法を習得することが必要。

真剣に実技試験に取り組む学生と心配そうに見守る学生。
即戦力となる救急救命士目指して頑張れ~!!

17_0508_CE_02_1912