柔道整復士の認定実技審査に向けて

11月に行われる認定実技審査まで一ヶ月を切りました。それに向けて最高学年の学生たちは授業の合間にも、実技練習を行っています。

認定実技審査の審査内容は骨折の整復・脱臼の整復・固定の実技などなど数多くあり、日頃から練習して身に付けていかないと本番では合格することが出来ません。

本番で緊張のあまり普段の実力が出せない、ということがないようにしっかりと固めて審査に臨みます。

 

16_1028_ej%e2%91%a0_2004