新入教官紹介

3月1日から理学療法学科に新しく二人の先生が加わりました。今日からその二人を2週にわたって紹介したいと思います。

____________________________
はじめまして。

このたび3月1日付けで理学療法学科に仲間入りしました朝倉 敬道(アサクラ タカミチ)と申します。

いままでは主に整形外科領域で12年を過ごし毎日臨床に携わっていました。中学時代から社会人までバスケットボールを続けていましたのでスポーツも大好きな分野です。

理学療法士になってからは、やはりスポーツ整形外科に関連した分野に興味をもっていましたので自然と整形外科分野へと進んできたといってもいいかもしれません。

一般整形外科分野、アスレティックリハビリテーション分野、スポーツクリニックの立ち上げなどを経験しながら、近年ではスポーツ選手との関わりが多かったように思います。

そのようななかで、治療現場やスポーツ現場などどんな場所でも、理学療法士の手ひとつで治療できる徒手療法という分野に特に興味を持ち専門分野として勉強してきました(※勉強といっても自分の好きな分野のことですから楽しいですよ!)。
ひとくちに理学療法士の仕事といってもとてもその分野は多岐にわたります。ですから自分の興味のある分野を追及できる仕事ですし、自分の技術が伸びるほど患者さんにも喜ばれる数少ない仕事の一つだと思います。

その分、責任も大きい仕事ですからやりがいも大いにあります。実際には様々な専門職種とチームとなって仕事をすることも多く、医療チームの中で理学療法士としての責任を果たしていくことが必要になります。

首都医校は多職種とのかかわりも重視していますので学生のうちからいろいろな経験ができる学校です。

教員は初めてですので不慣れな点も多いですが理学療法士の魅力をお伝えして皆さんの夢が実現できるようお手伝いできればと思っています。よろしくお願いします!

16_0304_TP_1812_01

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら