立春

日本は昔、立春が1年のはじまりとされていたため、前日は大みそかということになります。

この日に1年の厄を払って次の年を迎えるということで、風習として節分は厄除けの意味もこめて鬼に豆まきをしてやっつけるようになりました。

節分の意味としては季節を分けるという意味があるので、春夏秋冬の季節の始まりの日として立春・立夏・立秋・立冬とあるのの日の前日は本来は節分の日となるようです。

鬼に豆をぶつけるのは「おに」という日本語は『陰』に由来するということで、『陰』とは目に見えない気、主として邪気のことをさしており、これが「おに」なのです
さあ、皆さんで『おにはーそと・ふくはーうち』今年の邪気をおいはらいましょー!!

 

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら