卒業生紹介

今回は、三期生の杉山先生です。

15_1225_EA_01_1712

首都医校に在学していたころは、ユーモアにあふれながらも勉強熱心で、特に実技では積極的で先生の手を一生懸命に見て、その技術を会得しようとしていた学生でした。

卒後は苦労を重ねながらも、昨年に独立開業され、地域の患者さんへの対応をしつつ、都内の鍼灸院で治療するなど、精力的に活動されています。その原動力となっているのが、『自身が多種多様な引き出しを持つことで、患者様に対するポジティブな答えを返せること、つまり、“Yes I Can!”が一つでも多くもてるように努めている。』ことにあり、そのための努力を惜しまないことが、治療に臆せず結果につながっていると説明してくれました。

また、学生に対して「学生時代より、卒後の方が大変である。そのためには、臨床実習でいろんな患者様を対応を学び、先生から技術の引き出しを教えてもらうことが大切です。そして、患者様を前にして、その先の症状が改善できるまでのストーリーをもてるようになってください。」とエールをいただきました。

杉山先生は、2月に本校で後輩たちに自身の経験を話していただく予定です。
楽しみにしています。

15_1225_EA_02_1703

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら