こどもと歯磨き③

こんにちは。
歯科衛生学科の金子です。

今回も「こどもと歯磨き」について引き続きお話しします。

<大人の歯が生え始めるのに備えて・・・>
6歳くらいになると大人の歯が生え始めます。
生え始めの大人の歯は石灰化が不十分で、酸に対する抵抗力がとても弱いです。

また6歳臼歯と呼ばれる、こどもの歯の更に奥から生えてくる歯は、溝も深く形も複雑なのでプラークが停滞しやすくむし歯になるリスクがとても高いのです。
ですから、自分で歯磨きをし始めた3歳くらいから、大人の歯が生え始める6歳くらいまでに、歯磨きの必要性を少しずつ理解し、歯磨きの習慣をしっかりつけて、自分で上手に歯磨きできるようになりたいところです。
歯ブラシを噛まないように練習したり、同じ歯ばかりを磨かずに全部の歯、全部の面を磨くようにします。
それでも磨きにくいところは、仕上げ磨きが大切です。

「歯と歯茎の境目」「歯の溝」「歯と歯の間」は三大不潔域と呼ばれて磨き残しがでやすいところなので、しっかりとチェックしてあげましょう。
特に「歯と歯の間」は歯ブラシだけでは十分にプラークを取り除けない部分。デンタルフロスの使用も習慣づけていきたいですね。

このように生まれてから、成長に合わせて少しずつ歯磨きを上達させて、むし歯や歯周病のないお口を目指しましょう!

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら