デンタルリンス

こんにちは。
歯科衛生学科・教官の山崎です。

今回は、デンタルリンスについてお話ししようと思います。

皆さん、デンタルリンスやマウスウォッシュと呼ばれるものを使ったことはあるでしょうか。
その時、どんな使い方をしていたか、ちょっと思い出してみてください。

口に含んで、漱いで、吐き出す・・・という感じでしょうか。

実は、デンタルリンスやマウスウォッシュと呼ばれる商品をよく見ると、「液体ハミガキ」や「洗口液」と書かれているのをご存知でしょうか。
この二つ、見た目も似ていますし、口に含んだ時の味や爽快感も似ているので混同されがちですが、使用法が全く異なるものなのです。

普段、歯磨きをするときにはチューブに入った練りハミガキを使っている方が多いと思います。
歯磨きの時に使う練りハミガキやハミガキ粉などを「歯磨剤(しまざい)」と言います。

「液体ハミガキ」は歯磨剤の一種なので、
口に含んで、漱いで、吐き出す・・・という使い方は正しい使い方ではありません。
口に含んで、漱いで、歯ブラシで歯磨きをする。
というのが正しい使い方になります。
商品にもよりますが、一般的には歯磨き後に水でお口を漱ぎます。

そして、「洗口剤」は
口に含んで、漱いで、吐き出し、その後は水で口を漱がない。
という使い方をします。
「洗口液」を含んだら、軽くくちゅくちゅとするだけでなく、20~30秒間しっかりと漱ぎます。
歯磨剤を用いて歯磨きをした後に「洗口剤」を使用するのが最も効果的な使用法です。
「洗口剤」はあくまで清掃の補助で、歯磨きの代わりにはなりませんので、面倒くさいからと言って「洗口剤」を使っただけで歯磨きをサボらないようにご注意を。

お手持ちのデンタルリンスやマウスウォッシュをよく見て、自分が持っているのが「液体ハミガキ」なのか「洗口液」なのかチェックしてみてくださいね。そして、正しい使い方で、効果的な口腔ケアをおこないましょう!

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら