相談援助実習@そのよんっ!(⌒四⌒)

みなさん,こんにちは!

「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき」 (猿丸大夫)

14_0908_WS_01_1712

...と秋の歌を書いてはみたものの
紅葉はまだまだ先だよなぁと感じる暑さが続く今日この頃...(^^;)

さて,実習期間もいよいよ折り返し地点!
開始日が早かった学生はもう終了しているんだよなぁ.
まぁ,ほとんどの学生が中盤から終了に向けてといったところ...
まだ始っていない学生もいますがΣ(==ノ)ノ
それぞれの実習先で学生は「今日の福祉」に何を思うのかな!?

学校の講義で聴いたことが目の前で動いている...そんな福祉の現場では
講義を聴くだけでは「???」なんて分からなかったことが
「そういうことだったんだ!」と気付くこともあるし,
「講義では〇〇って聴いてたんだけどな」って新たな疑問が芽生えたり...

実習中に沸き出てくる「なぜ?」「なに?」って疑問が見つかったら
周りにいらっしゃる指導者や職員,利用者の方たちに訊いてみよう!
きっと求める答えや答えにつながるヒントが見つかるはずですよ(^^*)

そう言えば...
論語に「子曰,由,誨女知之乎,知之爲知之,不知爲不知,是知也」
って言葉がありますね。

「鹿の鳴き声」って検索したらいろんな「知る人」が答えを出していてくれました(笑)
またひとつ新しいことを知った...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした