紫陽花(アジサイ)

夏日が続いている東京ですが、そろそろ梅雨の季節です。
学生と先日、授業でアジサイを折り紙で作ってみました。

季節の花の折り紙は介護施設でも利用者の方と
リハビリも兼ねて楽しめる作業なので折り方を知っているのは大切です。

アジサイって実は原産国、日本なんです。
フランスでは日本の花というと桜の次にアジサイと答える方が多いとか・・・

原種は青紫色だそうですが、アルカリ性の土壌では赤やピンクだそうです。
花びらのように見える色づいたところは「ガク」、
中心部分の丸い粒のようなところが「花」だそうです。

もともと日本では『あずさい』と呼ばれていたそうで
「あず」は「集」・「さ」は「真」・「い」は「藍」『真の藍色が集まっている花』という意味。

花言葉でも”家族団らん”なんてあるくらいで
アジサイの形状が由来なんだなと想像できますね。

他にもアジサイの花言葉は沢山あります。
由来もストーリー性があってなかなかアジサイ【紫陽花】って深いですよ。
皆さんも調べてみてくださいね。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら