福祉に大切なものって?

みなさん どんな夏をお過ごしでしょうか。 教官の鈴木です。

今年の夏も、災害に襲われた地域が多かったと思います。
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

みなさんも感じるところではあるとは思うのですが、
人間の傲慢さが自然を怒らせているように思えてなりません。

便利な生活を覆すのは大変ですが、そろそろ真摯な姿勢で取り組まないと
本当に子々孫々に、ひどい遺産を遺すことになりそうな気がするのです。

急がず、焦らず、スローライフ!

自然への敬意を忘れずに、知識に偏らない活動(働き)をする。
そして、立ち止まって謙虚に振り返る。

時間泥棒に盗まれないように、大切な時間を持つことこそ、現代人が必要と
しているところのような気がしてなりません。

福祉は、ゆったりと待ち、内省し、自分も周囲もより良くいられるように
心を砕くことが何よりも大切。

一人ひとりが心して、人にも地球にも優しい生活を、
考えていければいいなと思う、夏休みでした。