目指せ!遊びの達人

みなさんは子どもの頃どのような遊びをしたか覚えていますか?

鬼ごっこに、おままごと、野球にサッカー、テレビゲーム ・・・・
いろいろな遊びを思い浮かべるのではないでしょうか。

子どもの頃の遊びといっても、その時代、年齢によって遊びも少しずつ異なります。
そして、昔から受け継がれている伝承遊びもあります。

利用者さんと一緒に子どもの頃遊んだおもちゃで遊んでみたり、
その頃の思い出を話してみると、
普段見ることのできない利用者さんの姿・表情を引き出すことができます。

遊びは生活を豊かにするのに欠かせないものです。
さまざまな時代の遊びを知り、新しい遊びを考える”遊びの達人”になれたら、
きっと、利用者さん心を動かすケアにつなげることができますよ。