食中毒の季節です。

介護福祉学科の教官 倉持です。

ジメジメとした季節が続きますね。
この時期は、体調を崩しやすい時期なのですが、今のところ、1年生も2年生も無事に過ごしているみたいです。

サービスを提供させていただく対象の方々は、感染症にかかりやすいという特徴をお持ちの方々です。

この時期気をつけたいのが、食中毒です。
食中毒の原因には『細菌』と『ウイルス』がありますが、夏場に元気になって困ることが多いのが『細菌』。
ちなみにノロウイルスに代表されるように『ウイルス』が原因で起こる食中毒は、冬場が多いです。

この時期から流行り始めるのが、腸炎ビブリオ。海水にすんでいますので、魚介類の生食で発症します。あと、包丁やまな板からの汚染も有名です。
手洗いや食器具の消毒、スタンダードプリコーションをきっちりとし、感染を防ぎたいものです。