妊娠と歯科の関わり

こんにちは。
歯科衛生学科・教官の金子です。

口腔の健康は全身の健康と深く関わりがあるというお話が以前の記事の中でありましたが、今回は、妊娠と歯周病との関係についてお話をしたいと思います。

妊娠中には、つわりで歯ブラシを口の中に入れると気分が悪くなってしまい口腔ケアが困難になったり、嘔吐によって口腔内の環境が悪化してしまうことがあります。それだけでなく、妊娠によって女性ホルモンが増加しますが、歯周病を引き起こす細菌の中に女性ホルモンを好む細菌(prevotella intermedia)がいて、妊娠とともに増加し、歯周病になりやすくなります。出産後にホルモンバランスが回復すると、次第に歯周病の症状は改善されるのですが、だからと言って口腔ケアをしないままでも良いかというと、そういう訳ではありません。

実は、歯周病を持つ妊婦さんは、そうではない妊婦さんに比べ、早産・低体重児出産が多いといわれているのです。

ですから、日ごろからかかりつけ歯科医で定期的に口腔内の状態を確認し、歯肉の状態に気を配り、妊娠が分かったら、早めに歯科医院で検診を受けてほしいと思います。

歯ブラシのヘッドを小さめの物を使ってみたり、洗口液を使ってみたり、体調や気分を見ながらできる限りの口腔ケアができるよう、妊娠中も歯科衛生士がきっと味方になってくれるはずです。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら