白露となす

こんにちは。 首都医校 鍼灸学科 教官の曽根です。

9月8日(陰暦八月十五日)は白露。
冷気が増し、草葉の上に露が結んで、白く涼しく見えるようになるころです。

暦の上ではそろそろ白露ですが、まだまだ残暑が厳しいですね。
まだまだ気温が高い、そんな時にはなすがオススメです。
なすには、体にこもった熱気を取り除いて、血液の流れをよくする効果があります。
利尿作用もあり、むくみやのぼせを解消したり、胃腸の調子を整えて
食欲不振や胃もたれなどを改善します。
また、茄子の美しい紫紺色は、ナスニンというアントシアニン系の色素によるもので、
抗酸化作用があり、アンチエイジングにひと役かってくれます。

みなさん、暑い時にはなすを食べて、涼しくなりましょう!