くるみ灸

みなさん、こんにちは。鍼灸学科の教官の大村です。

鍼灸学科の授業に特殊鍼灸があります。
これは鍼・灸についてさまざまなバリエーションを学ぶものです。
先日はくるみ灸という治療法を行いました。

写真を見ていただくと笑えますが、患者の目の上にくるみの殻半分を置き、その上でもぐさを焼くという原始的なものです。眼精疲労の除去や目のくまをうすめる効果があります。ちょっと怖い感じもしますがとっても気持ちがいいですよ。

こういう変わった治療法も学ぶことで学生は開業後の治療の引き出しを増やしていきます。

教官としては最近の患者の希望トレンドも勘案しながらテーマを決めるように考えています。
来年度はどんな治療がメニューに載るでしょうか。
とっても楽しみですね。

14_0731_EA_01_1712