理学療法ができること

授業で学生の希望者を募って、実際に昔怪我をして困っていることとか、何かをすると痛いとかの活動制限に対してデモンストレーション(実演)をやっています。上級生の授業ですので今まで勉強してきた基礎知識を総動員して考えてごらん、というわけです。

そんな一人に昔武道の大会でアジアチャンピオンになったという学生がいました。足首の怪我が原因で今は趣味程度に続けている状態のようでした。怪我をして手術までしたような関節はなかなか元通りの柔らかさを取り戻すことはできません。この学生の場合もつま先を上に挙げる(背屈)動きが硬くなっていて片足スクワットが下までできないと訴えました。

そこで足首の硬さを少々改善してあげるとちょっと下まで降りられるようになりました。そこで、「東京オリンピック目指そうかなあ。」と一言。そう言うまで満足してもらえたなら理学療法もまんざらではないなと。人の人生を変える力があるって素晴らしいけど、逆に言えばかなり責任重大な仕事だなと。

お願いだからしっかり勉強して国家試験に合格するまでは勉強をメインにすえて置いて頂戴!!卒業すればいくらでも協力するからね、と伝えておきます 笑

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら