熱中症予防

先日梅雨明けが発表され、夏本番となりました。

気温が高いだけでなく、湿度も上がるといわゆる不快指数が高くなります。不快指数が高くなると、熱中症の危険性も高まります。熱中症は気合だけでは乗り切れません。体温上昇と脱水が原因ですので、こまめな水分補給が重要です。

気温が高くても湿度が低ければ熱中症のリスクはそこまで高くありません。湿度に注意です。特に夕立の来る前などは湿度が急激に高くなり、蒸し暑さが増します。このタイミングが熱中症の発症の要注意時間帯となります。激しい運動は避け、十分な水分補給を意識しましょう。

もうひとつ、夏の暑さを乗り切るために「暑熱馴化」があります。人間の体は環境に適応します。この適応は徐々に起こりますので日頃の馴れが必要です。エアコンにどっぷり漬かる生活リズムでは暑さに慣れることは難しくなります。日々暑さに体を馴らして夏を楽しみましょう。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら