けがを防ぐ(予防)

アスレティックトレーナーの重要な役割のひとつが、「スポーツ外傷・障害の予防」です。
具体的には、現場で少しでも危険なことがあったらそれを取り除き、選手が安心して競技に取り組めるための環境づくりを行なう、ということになります。

例えば、部活動をしていて「道具がボロボロでこのまま使うと壊れそう・・・」という経験はありませんか?
こういったリスクを予見して、それを取り除くこともアスレティックトレーナーの重要な役割になります。

もちろん、けがだけでなく、内科的疾患も予防の対象になります。
これからの季節、急に気温が高くなることもあります。そうした時に気をつけなければならないのが熱中症です。

次回は熱中症について、情報をお送りしたいと思います!