勉強の仕方(5)

言語聴覚学科・教官の橋本です。

6/26のエントリーでは、授業中はノートを取る手を休めて、
先生の指示に従って考えてみることも大事だというお話をしました。
では、ノートを取る時にはどんなふうに取ればよいのでしょうか。

よく、先生の板書をそのまま写している人を見かけますが、
それでは後でノートを見返した時に、何が書いてあるのかわかりません。
書く時に、手を動かしているだけで、頭は何も働いていないからです。
まずは、先生の板書を写すことをやめてみましょう。