失語症OSCE実施

14_0317_TS_01_1712こんにちは。言語聴覚学科教官の橋本武樹です。

3/14に昼間部1年生の失語症のOSCE(オスキー、客観的臨床能力試験)が行われました。実際に患者さんを相手にした時に適切な行動が取れるかを試すものです。

患者さんを相手に失語症の検査を行うという場面を設定して、不安を感じている患者さんの気持ちをやわらげて、スムースに検査に導入できるか、定められた手順に従って正確に検査を実施できるか、などの観点から評価します。

今日は、卒業を控えた昼間部2年生が患者さん役をしてくれました。厳しい臨床実習に合格しただけあって、後輩の指導に熱心に取り組んでくれました。