ルーチンワーク

こんにちは。精神保健福祉学科の末永です。
今回は、ルーチンワーク、同じことの繰り返しについて、お話をしたいと思います。
6月ももう終わりですが、
5月は連休、7月は定期テスト、8月は夏休み・・・
では6月は?

そう、6月は特に何も特別なことがありませんね。
五月病を乗り切った学生さんにとっても、
学校の生活にも慣れ、いつも通りの時間割、
国家試験直前でもないし、定期テストもまだ先。

これほどまでにマンネリを感じることを許される時期が他にあるでしょうか?

あなたは、変化の少ない日々をどのように過ごしていますか?

モチベーションを保つのが難しいですか?
それとも、慣れてきたことを感じて、落ち着きますか?
新たな生活が軌道に乗って、周りに目を向ける余裕がでてきましたか?
仲間が増えて、楽しくなってきましたか?

このように、日々の課題は同じように見えても、
日々の営み、関係、心情などは、刻々と変化しているものですよね。
自他共に状況を俯瞰する目があれば、色々な変化に気がつき、
日々新たな気持ちでいられるかも知れません。
マンネリを感じやすい時期でも、一日一日を大切に過ごしてくださいね。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら