援助演習について

こんにちは。精神保健福祉学科の末永です。

今回は、精神保健福祉援助演習の様子を少し話したいと思います。

学科の授業は、多くがいわゆる講義形式です。
その中で、援助演習は、実習指導ともに、ゼミ形式の、話し合いがメインの科目です。

話し合いは、個々人の個性、特性、価値観が如実に現れるものかと思います。

ただでさえ、個人的な意見が現れる場面で、
今回は、個々人が今大切にしていることについて話し合ってもらいました。

なぜそれを大切と考えるか、それぞれが意見を出し合いました。
人として、社会に生きる者として、学校に通い学ぶ身として、
精神保健福祉士を目指す身として、など、様々な視点で、
「大切なこと」に向き合っていることが伝わってくるようなグループワークでした。

皆、話し合うことで、視野が広がり、意見が深まる体験をした様子でした。
皆さん、充実した時間でしたね。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら