踏ん張りどき。

こんにちは。精神保健福祉学科の末永です。
世間はハロウィンで盛り上がっている頃ですが・・・

精神保健福祉士を目指す当学科の学生は、そろそろ追い込みの時期を迎えようとしています。国家試験を想定した全国模擬試験。実践を意識した演習。科目ごとの小テスト。大きな課題の連続です。

全国模試は、学習の進度・理解度を確認する良い機会。
演習は、家族心理教育を想定。家族から出された疑問・質問に対し分かりやすく説明する課題。班毎に事前準備を進め、迎えた発表会。必死に事前学習に取り組んだ様子が伝わってきました。

高齢のご家族が聞いたら、「若い人たちがこんなに熱心に私たち家族のことを考えてくれるなんて」と喜ばれたかもな、と思いながら聞いていました。

実はこの演習の発表会は、既述の模擬試験の2日後。つまり、模擬試験の勉強と、演習の事前準備とを並行させていたことになります。小テストもたくさん。

精神保健福祉学科の学生の皆さんは、これらの怒涛の課題を、懸命にかつ協力し合って乗り切っています。

努力はきっと報われる!

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら