福祉用具プランナー研修

理学療法学科・教官の福田です。

公益財団法人テクノエイド協会は,理学療法士を含め受講資格条件を満たす者を対象に「福祉用具プランナー研修」を2014年12月8日(月)より開催するそうです。

「福祉用具プランナー研修」は専門知識を持つ人材の育成とともに,福祉用具の適正な取扱いについての共通認識を育て,総合的に生活支援を行うための知識や技術の習得を目的とした研修だそうです。

この研修は実務経験2年以上を研修受講条件の一つとしています。

このことは理学療法士の免許を取ったあとも勉強することはたくさんあることを意味します。

学校で学び,国家試験に受かることはスタート地点であり,患者さんの役に立てる理学療法士になるには更なる卒後勉強が必要になります。

平成26年度 第3回福祉用具プランナー研修 開催要項
http://www.techno-aids.or.jp/senmon/media/youkou140903.pdf